『チェンソーマン』作者・藤本タツキ氏の完全新作読切、11日配信 200ページの長編作品(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

『チェンソーマン』などで知られる漫画家・藤本タツキ氏の完全新作読切が11日、漫画アプリ『少年ジャンプ+』にて配信されることが決定した。自身最長となる200ページの長編作品となる。

【画像】独特な絵のタッチ…驚異の143ページ!公開された新作読切『ルックバック』

 チェンソーマンの公式ツイッターでは「藤本タツキ先生 200ページの超大型読切。「さよなら絵梨」 ジャンプ+での公開まであと12時間」と告知している。

 作者・藤本氏は、1993年10月10日生まれの秋田県出身。読切『恋は盲目』で2013年11月期第「クラウン新人漫画賞」佳作を受賞し、同作が2014年に『ジャンプSQ.』に掲載されデビュー。その後、代表作となった初連載作品『ファイアパンチ』を16年~18年まで漫画アプリ『少年ジャンプ+』で連載し、独特な世界観と絵のタッチが話題となり、18年~20年に『週刊少年ジャンプ』で『チェンソーマン』(第1部)を連載。

 また、2021年7月には『少年ジャンプ+』にて、全143ページからなる長編読切作品『ルックバック』を掲載すると、「天才だわ」「衝撃すぎて何も言えない…」などと大きな反響を呼び、『マンガ大賞2022』のノミネート作品になった。それに続く今回の長編読切にも期待が高まる。

コメントは受け付けていません。