『トップガン マーヴェリック』が北米の週末興行収入で1位 トム・クルーズ主演作として史上最高のオープニングを記録(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

『トップガン マーヴェリック』が2022年5月27日~29日の北米オープニング週末興行収入で1億2400万ドル(約159億円)を叩き出し、トム・クルーズ主演作として史上最高のスタートを記録した。
さらに週明け30日の月曜日は、アメリカではメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)にあたる祝日だった。この祝日を含む週末を『トップガン マーヴェリック』は席巻し、Varietyによれば、27日~30日の4日間で本作は1億5600万ドル(約200億円)を稼ぎ出した。これは2007年の同時期に公開された『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』の1億5300万ドル(約196億円)を上回る額で、メモリアルデーの週末における北米興行収入としても史上最高を記録した。

「トップガン マーヴェリック」画像・動画ギャラリー

週末3日間(金・土・日)の成績としては、中国とロシアを除く国際市場で1億2400万ドル(約159億円)を売り上げ、「マーヴェリック」の世界全体でのオープニング興行収入は2億4800万ドル(約318億円)となった。ちなみに「マーヴェリック」の制作費は、マーケティングを行なう前の段階で1億7000万ドル(約218億円)となっている。
「マーヴェリック」以前におけるトム・クルーズのオープニング週末成績のトップは、2005年に公開された『宇宙戦争』の6400万ドル(約82億円)だった。
このときに続いてパラマウントは再び大金を稼いだことになるが、同社は今年、北米で賞賛に値する興行収入を記録し続けている。「マーヴェリック」の興収は現在『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』の1億8200万ドル(約233億円)に次ぐ額で、そのあとには『ザ・ロストシティ』の1億ドル(約128億円)、『スクリーム』の8100万ドル(約104億円)、『ジャッカス FOREVER』の5700万ドル(約73億円)が名を連ねている。
本作について、IGN USによるレビューでは「『トップガン マーヴェリック』は戦闘機が吹き出す白煙と最高のスリルで、定番の超大作を求める観客を必ず満足させてくれる限界点を超えた作品だ」と評している。

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は新作の『Bob's Burgers Movie(原題)』を抑え、公開4週目の週末に1650万ドル(約21億円)で2位を堅持。「マルチバース・オブ・マッドネス」は北米で3億7500万ドル(約480億円)を稼ぎ出し、全世界では8億6800万ドル(約1112億円)を突破している。
『Bob's Burgers Movie』も成績としては好調で、チケットの売り上げは1260万ドル(約16億円)で3位に。590万ドル(約7億6000万円)の『Downton Abbey: A New Era(原題)』を抑え、同作は北米で3000万ドル(約38億円)、全世界で6890万ドル(約88億円)の興行収入を記録している。

『トップガン マーヴェリック』についてもっと知りたい人は、IGNによるレビューや製作を務めたジェリー・ブラッカイマーのインタビュー、すさまじい空撮シーンの舞台裏もチェックしてみよう。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉活髪精華


・白髪や抜け毛が増えてきたと感じる方に
・黒々とした健康的な毛髪を維持したい方に

健康的な毛根や毛髪を維持するためのセラムです。

コメントは受け付けていません。