『ドンブラザーズ』ドン13話でタロウが消滅 樋口幸平「台本を二度見しました」 14話からジロウ登場(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

破天荒な展開で話題のスーパー戦隊シリーズ最新作『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』(毎週日曜 前9:30、テレビ朝日系)。昔話の「桃太郎」をモチーフに、ドンモモタロウ/桃井タロウ(樋口幸平)、サルブラザー/猿原真一(別府由来)、オニシスター/鬼頭はるか(志田こはく)、イヌブラザー/犬塚翼(柊太朗)、キジブラザー/雉野つよし(鈴木浩文)の5人が活躍している。

【写真】ソノイと語り合うタロウ

 ドン13話「さよならタロウ」では、嘘をつけないタロウが脳人の戦士・ソノイ(富永勇也)に自分の弱点を明かし、倒されてしまうという衝撃的な展開を迎えた。そんなラストに驚く人が続出。サブタイトルから、「ソノイが倒され、その時タロウに告げる別れのあいさつではないか」という考察も繰り広げられていたが、まさかの敵刃に倒れたのは、ヒーローのタロウの方だった。タロウは本当に死んでしまったのか、残されたドンブラザーズのメンバーはどうなってしまうのか。前代未聞の展開に衝撃が広がる中、6月5日放送のドン14話には、さらなる驚きの展開が待ち受けている。

 ドン14話のサブタイトルは「みがわりジロウ」。サブタイトルから予想できるように、桃井タロウと対をなすような新キャラクター・桃谷ジロウが登場する。ジロウの素性は謎に包まれたままだが、現段階で明らかになっているのは、ジロウが田舎暮らしをしている青年だということ。今回公開された写真には、村の青年団らしき人たちと親しげなジロウの姿が収められている。そして、ジロウはヒーローに憧れていて、過去にはタロウとも面識があるという。

 はたして、ジロウはいったい何者なのか。その謎は、ドン14話で明らかになる。そして、そんな気になる新キャラクター・桃谷ジロウを演じるのは、ドラマ『もしも、イケメンだけの高校があったら』などで注目を浴びている新進気鋭の若手俳優・石川雷蔵。名優・市川雷蔵にあやかって付けられたという名前の通り、“男前”という言葉がピッタリな石川が、『ドンブラザーズ』に登場。謎めいた存在のジロウを石川がどう演じるのかに期待が高まる。

【広告】 更年期?

《経典薬方》十全大補丸


・冷えや顔色の悪さが悩みの方に
・産後、体力が回復しない方に

発汗を伴うめまい、手足の冷えの改善に

コメントは受け付けていません。