『バイオショック コレクション』がEpic Gamesストアで無料配布!海底都市や天空都市が舞台となる名作FPS三部作(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

Epic Gamesストアの今週のPC向け無料ゲームを紹介しよう。今週は『バイオショック コレクション』が無料配布となっている。無料配布期間は2022年6月3日0:00まで。ゲームは日本語ローカライズに対応する。
Epic Gamesストアでは大規模セールの「Epicメガセール」が開催されており、6月17日のセール終了までは毎週無料の大ヒットゲームが配布されることになっている。今回の『バイオショック コレクション』はその第2弾で、第1弾としては『ボーダーランズ3』が配布されていた(現在は終了)。

「The BioShock Collection」画像・動画ギャラリー

『バイオショック コレクション』は海底都市や天空都市が舞台となる一人称視点アクションアドベンチャーの三部作をすべて収録するコレクションタイトルだ。シリーズの魅力は舞台設定や、プレイヤーがあっと驚くストーリー、アメリカの歴史を皮肉るような演出などにある。ゲームプレイはFPSであり、RPGライクな部分もあるが、ストーリーや演出が一番の魅力になるシリーズだ。
第1作目と第2作目は海底都市のラプチャーが舞台で、リマスター版となっている(残念ながら2作目はオリジナル版にも吹き替えがなかったため、リマスター版でも英語音声)。1作目で主人公は事故によって海底都市ラプチャーにたどり着くが、そこはディストピアであった。主人公はラプチャーの創設者となる科学者のアンドリュー・ライアン、装甲を着た敵のビッグ・ダディといった代表的なキャラクターと出会いながら、ラプチャーでサバイバルすることになる。2作目はおなじくラプチャーが舞台だが、前作から8年が経過。ビッグ・ダディのプロトタイプ実験体であるデルタの視点からの物語となる。

3作目は雰囲気が変わって、天空都市コロンビアが舞台だ。ラプチャーと比べて、ここには人々がいてハッピーな雰囲気もある。だが、そんな理想的な世界は存在しないようだ。本作は露骨な人種差別があるなど、アメリカの歴史の暗部を描いているような作風である。主人公となるのは私立探偵のブッカー・デュイットで、謎の少女エリザベスを救い出すのが目的となる。シリーズの伝統的なゲームプレイも紹介しておくと、銃撃戦は普通のFPSだが、遺伝子操作によって使える超能力「プラスミド」の使用が特徴となる。
IGN JAPANでは本作について取り扱ったコラムを多数掲載しているので、以下に箇条書きでリンクを掲載しておく。ただし、リンク先はネタバレ満載となっているので、クリアした人だけ読んでみてほしい。恐縮だが、無料配布になったということで、この機会に本作を触ってみてはいかがだろうか。

「BioShock: The Collection」発売から「BioShock」シリーズを振り返る
第四の壁を越えようとした名作ゲームたち――メタフィクションとして語られるゲームプレイヤーという存在
【SF史に残る(べき)ゲームたち】第6回:『バイオショック インフィニット』――メディウムへの自己意識
ゲームシナリオの解剖学from各務都心:第4回『Bioshock Infinite』 本当にプレイヤーが手を下したのか? 「反省会型」から見るゲームシナリオの特異性

なお、シリーズは内容など具体的な正式発表はないものの、新作が制作中だとされている(関連記事)。Netflixによる実写映画化についても決定している。このタイミングで旧作が無料配布になったので、近いうちになにかしらシリーズに大きな動きがあるのかもしれない。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。