『僕の姉ちゃん』で姉弟役 黒木華&杉野遥亮が仕事論で共感「自分が楽しめるように努力しています」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

テレビ東京ほか“水ドラ25”『僕の姉ちゃん』(毎週水曜 深1:00)に出演している俳優の黒木華と杉野遥亮が合同取材会に参加した。

【全身ショット】溢れる兄弟感!スタイル抜群の杉野遥亮&黒木華

 原作は、雑誌『anan』(マガジンハウス)で長期連載されている、姉弟のユーモラスな会話を描く益田ミリ氏の同名漫画。輸入家電の会社に勤める30歳の姉・白井ちはるを黒木、冷凍食品メーカーに勤める社会人1年目の23歳、素朴でまっすぐに育ってきた弟・白井順平を杉野が演じる。両親が海外赴任で不在の白井家での2人のユーモラスな掛け合いが見どころとなる。

 同ドラマは、昨年からAmazon Prime Videoで独占配信中。反響について杉野は「姉ちゃんの意見に共感したという声が多かったです」と振り返り、黒木も「リピートして見てくださっている方も多くて、それだけ愛されている作品なんだと思いうれしいです」と笑顔を見せた。

 黒木は「ちはるは、自分の中に核となるものを持っていて、ひとつひとつの言葉が押しつけがましくなく、本質を突いているので、視聴者は救われたり、はっとしたりするのかなと思います。人間味、毒、ユーモアのバランスが魅力的だな」と自身の役柄を説明。杉野は「順平は優しくて、等身大の人なので共感してくれる人がいるだろうなと思っています」と語った。

 ちはるの人生論も見どころになっている同ドラマにちなみ、自身が大切にしていることを問われた黒木は「仕事」と即答。「プライベートなことも仕事や役につながると思っています。仕事が人生の軸になっています」と語ると、杉野も「僕も演じることが楽しい。やりたいこともたくさんあるので」とにっこり。杉野が「(演じることを)楽しむために、自分が楽しめるように努力しています」と明かすと、黒木も「楽しめるように頑張っていますね」とうなずいた。

【広告】 更年期?

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。