『元彼の遺言状』「私がアンタの弁護をする」麗子の決意に感動「アツい展開」(ネタバレあり)(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

綾瀬はるかが主演、大泉洋らが共演する月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第8話が30日に放送され、麗子(綾瀬)が強盗殺人事件で逮捕された容疑者の弁護を引き受けるという展開に、ネット上には大きな反響が寄せられた(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)

【写真】篠田(大泉洋)が警察から追われていることを告白 『元彼の遺言状』第8話場面カット

 篠田(大泉)は、6年前に発生した「十ヶ浜強盗殺人事件」に巻き込まれ、殺人犯として警察から追われていることを麗子に打ち明ける。篠田は自分が無実であることを訴えると、麗子もそれを信じてこれまでと同じように彼と接するのだった。

 しかし、程なくして篠田は警察から強盗殺人の容疑者として逮捕されてしまう。麗子は拘置所に入れられた篠田を救い出すために奔走。元上司の弁護士・津々井(浅野和之)に篠田の身元引受人を依頼する。

 麗子は篠田を保釈させることに成功。事務所に彼を連れて帰ると「話して、アンタの事件のことを」と語りかける。篠田は6年前に発生した強盗殺人事件の第1発見者であることや、アリバイを証明する人がいないこと、さらに凶器に自分の指紋が付いていた事を告白。すると麗子は資料を手に取り「まぁ調書通りね」とポツリ。篠田が「それって…?」とつぶやくと、麗子は「警察から預かった」と返答。これに篠田が「どうして?」と聞くと、麗子は真剣な表情で篠田を見つめながら「私が、アンタの弁護をするからよ」と宣言する。

 麗子が篠田を救うために弁護を買ってでると、ネット上には「泣いちゃう」「麗子さんめっちゃいい人やん…涙」「ヤバい!今日は胸熱」「アツい展開」などの声が続出。さらに「麗子様 最高」「カッコ良すぎる」「麗子ちゃん凛々しい」「篠田さんを頼んだよ麗子ちゃん」といったコメントも相次いでいた。

コメントは受け付けていません。