『原神』Ver.1.4アップデートでは選択によりエンディングが異なるデートイベントが追加 「風花祭」や新キャラクターの情報が公開(IGN JAPAN)

出典元:IGN JAPAN

3月17日に配信予定の『原神』Ver.1.4アップデートで、「風花祭」、デートイベント、★4の新キャラクター「荊冠の恩典・ロサリア」などが追加される。
PlayStation.Blogによると、「風花祭」は、冒険ランク20以上かつ魔神任務「龍と自由の歌」を完了することで参加できるという。

「原神」画像・動画ギャラリー

今回追加されるデートイベントでは、バーバラ、ノエル、ベネット、重雲と特別なひと時を過ごすことができる。各キャラクターごとにシナリオが用意されており、選択肢によってエンディングが異なるとのことだ。さらに、各エンディングを達成することで記念CGが入手できる。
ロマンと情熱に包まれた「風花祭」では、「百発百中」、「風の中の花々」、「風吹く歌」の3種類のミニゲームも用意される。その大半はソロプレイとマルチプレイのどちらにも対応している。
各ミニゲームには4段階の難易度があり、クリアすれば報酬と「祭典巡礼チケット」を獲得できる。この「祭典巡礼チケット」をイベント商店で使用することで、キャラクター天賦素材や、風花祭限定アイテムの「風花祭記念風船」や「風吹きのライアー」などが入手可能。

また、より難しい挑戦をしたいプレイヤーに向けて、3つのステージにランダムで挑む「メルヒェンランド」も用意される。クリアすると「メルヒェンチケット」を獲得でき、イベント商店で武器突破素材や新しい★4武器「風花の頌歌」と交換することが可能。
加えて、★4キャラクター「荊冠の恩典・ロサリア」も実装される。ロサリアについて、「ドラゴンスパインを探索したことのある旅人の皆さんは、この西風教会のシスターに覚えがあるかと思います。氷元素を操る彼女は長柄武器の使い手です。元素スキルでは素早く敵の背後に回り込み、突きと振り降ろしを繰り出して氷元素ダメージを与えます。元素爆発は、ロサリアが氷元素による大ダメージを与えたあと、極寒の冷気を凝縮した氷槍を大地に突き刺し、一定周期ごとに付近の敵に氷元素ダメージを与えます」と発表されている。

最後に、今回のアップデートでは濃縮樹脂が最大5個まで所持できるようになる。また、「シングルプレイとマルチプレイのニーズに合わせて」世界ランクを手動で1ランク下げることが可能になるという。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。