『吉祥寺ルーザーズ』最終回あらすじ 奇妙なシェアハウス生活が終了!? ルーザーズに衝撃走る(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

人気グループ・NEWSの増田貴久が主演を務める、テレビ東京系ドラマ『吉祥寺ルーザーズ』(毎週月曜 後11:06)の最終回が、きょう27日に放送される。

【写真】シェアハウス生活が終了…このままバラバラに?

 今作は、秋元康氏が企画・原作を務める完全オリジナルドラマ。増田演じる安彦聡はじめ、人生の負け組6人がひとつ屋根の下シェアハウスで一緒に暮らす日々を描いたシチュエーションコメディー。物語の舞台は不動の人気タウン東京・吉祥寺。なぜか安い家賃に、不可思議な募集方法、そして、謎の開かずの扉…。そんな、謎めいたシェアハウスで、性別も年齢も職業もバラバラのルーザーたちの奇妙な共同生活が始まる。

■最終回のあらすじ
ひょんなことから、謎に満ちていた「アボカド」の部屋が開けられ、オーナー万平一平の正体と、負け組が集められた真の理由が明らかに! ルーザーズに衝撃が走る中、さらなるショッキングな出来事が…。なんとオーナー側の事情で、全員がシェアハウスを出て行かなくてはいけなくなったのだ。

猶予は次回の更新日である約2週間後…突然の退去命令に動揺が広がるが、最後の2週間、これまでの生活を振り返りながら、安彦聡(増田貴久)は間宮リコ(岩本蓮加)と、大庭桜(田中みな実)は町田弘(坂本昌行)と…それぞれが、今まで先送りにしてきた問題に向き合おうと動き出す――。

刻一刻と迫る旅立ちの時……。強制的に4カ月で解散することになった“吉祥寺ルーザーズ”は、本当にこのままバラバラになってしまうのか? 負け組6人の奇妙なシェアハウス生活、ついに最終回!

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

            高品質・安心の

ルイボスティーはこちら

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。