『虹とオオカミ』のあ×かいと“安定カップル”壊れる!? 中間告白後、波乱の展開に【ネタバレあり】(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

ABEMAの人気恋愛番組『オオカミ』シリーズの最新作『虹とオオカミには騙されない』の第7話が、9月12日(日)に配信された。恋は両想いになった途端に、壊れるものもある――。波乱を予感させる言葉とともに、幕を開けた第7話。前回の中間告白で成立した4組のカップルすべてに、驚くような展開が訪れた。(文=菜本かな) ※本記事はネタバレを含みます。ご注意ください

【写真】衝撃の太陽LINEを送ったのあ 『虹とオオカミ』第7話

■しゅうぞう、Takiに「嫉妬した」

 中間告白後の作業の日、Takiが太陽LINEでしょうたを呼び出した。しゅうぞうに振られてしまったため、新たな恋に進もうと決めたのだろう。しょうたに、「俺はTakiちゃんしか見てないし、最後隣にいるのは自分がいいな」と言われた時の幸せそうな顔。「(しゅうぞうがさくらと仲良くしていても)今は大丈夫かも」と漏らす場面もあり、Takiの心は完全にしょうたの方を向き始めたように見えた。

 だが、ここでしゅうぞうが動き出す。自分のところからいなくなってしまった途端、「好きなのかも?」と思ってしまうのが、人間の性なのだろうか。男子メンバーに、「モヤモヤってします」と明かし、Taki本人にも「嫉妬した」と伝えた。これまで、クールな印象が強かったしゅうぞうを、ここまで必死にさせるとは…Takiの魔性っぷりがすごい。

 ただ、Takiからしたら、自分は告白を断られた身。「今日気まずかったんだけど」と怒られても、「なんで?」と返してしまうのは仕方がないことだろう。きっと、しゅうぞうも、そんなことは痛いほど分かっている。「あの時、断ったのに」と思われてしまうことも。

 けれど、思いがあふれるあまりに、ついつい強い口調になってしまうのだ。それにTakiも応戦し、二人はこじれるところまでこじれてしまった。Taki×しゅうぞうの恋の行方は、どうなってしまうのか。そして、しょうたの心は――。
 
 もしかすると、“相談相手”として仲良くしているしょうたとセイラが、第4シリーズ『太陽とオオカミくんには騙されない』の“りくもも”のように、結ばれることもあるかもしれない。『オオカミ』シリーズは、告白の瞬間まで展開が読めないのがお決まりなのだ。

【広告】

 

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。