『鎌倉殿の13人』“八重”新垣結衣の懐妊に驚き&祝福が続々(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

俳優の小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第14回「都の義仲」が10日に放送され、八重(新垣結衣)の妊娠した姿が描かれると、ネット上には驚きや祝福の声が相次いだ。

【写真】第11回冒頭で八重(新垣結衣)にフラれ涙ぐむ義時(小栗旬)

 3日放送の第13回「幼なじみの絆」の終盤では、ついに義時(小栗)が幼なじみで初恋の相手でもある八重の心を射止める姿が描かれた。そして第14回の冒頭シーンでは、江間の屋敷から出かけていく義時を、八重が笑顔で見送る様子が映し出される。八重は義時を笑顔で送り出そうとする一方、当の義時は離れがたいのか何度も八重の方を笑顔で振り返る。

 第14回「都の義仲」では、頼朝(大泉洋)のライバル・義仲(青木崇高)が平家の追討軍を退けて上洛。義仲が後白河法皇(西田敏行)と接近することに頼朝は焦りを募らせる。しかし程なくして義仲と後白河法皇の関係が悪化。それを機に頼朝は義仲を討つべく弟・義経(菅田将暉)を大将にして派兵を命じる。ところが、源氏同士の争いに巻き込まれることに不満を持った一部の御家人たちが頼朝の失脚を企む…。

 御家人たちの不穏な動きを察知した義時は「このままでは鎌倉がバラバラになってしまう…」と嘆く。すると義時のそばにいた八重は「小四郎(義時)殿にしかできないお働きがあるはずです」と励ます。義時は大きくなった八重のお腹にそっと手を当てると「この子が大人になる頃には、何かが変わっているんだろうか…」とポツリ。そして義時は、苦しそうな表情で横になった八重に「水を持ってきてやろう」と声をかけて気遣うのだった。

 八重が義時の子を妊娠していることが描かれると、ネット上には「八重さんのお腹が大きくなってるー!!」「ええっ!八重さん、おめでた!?」「展開が!早い!!」「い、いつの間にィィィ!」などの驚きの声が集まり、また「八重さんと義時おめでとう!!」「おお!!めでたい!!」「あら~!おめでとうございます!」といったコメントも多数寄せられていた。

コメントは受け付けていません。