『頭文字D』近未来描く漫画『MFゴースト』2023年TVアニメ化 PV公開で本物のエンジン・走行音使用(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

人気漫画『頭文字D』の後継作となる漫画『MFゴースト』(作者:しげの秀一)がテレビアニメ化されることが決定し、2023年に放送されることが4日、発表された。『頭文字D』の近未来での世界観設定で、実在する公道でのカーレースバトルを描く。

【動画】『頭文字D』の近未来!本物のエンジン音…迫力のカーレースバトル描いたPV

 公開されたティザービジュアルは、主人公カナタ・リヴィントンが搭乗するクルマ「TOYOTA 86」がフルスピードで走行し、背後にはライバル車である「アルピーヌ A110S」「GT-R」とのレースバトルが展開される1シーンに。

 『頭文字D』の未来、車の自動運転が普及した時代に自動車レース「MFG」が開催され、公道の一部がクローズドコースの合法レースイベント場として存在…今回のビジュアル内でも背景に一般公道が描かれている。

 また、公開された特報PVでは、車を描く大事な要素の一つである“音”を忠実に表現するべく、本物の車両を使用した音声収録を実施。特報映像内に登場するそれぞれの車には、生の収録音が反映されている。「TOYOTA86」のエンジン音はもちろん、ライバル車である「ランボルギーニ ウラカン」「フェラーリ 488GTB」等各車が競り合う場面では、リアルな走行音によりCGで描かれた車の迫力が増す映像となった。今後アニメに登場する各車両も同様に、実際の走行音や効果音が使用される予定。

 『MFゴースト』は2017年より「ヤングマガジン」(講談社)で連載中の漫画が原作で、単行本の累計発行部数は320万部を突破。「ヤングマガジン」にて1995年から2013年まで連載され“公道最速伝説”を描いた『頭文字D』の近未来の世界観設定にて、実在する公道でのカーレースバトルを描いている。

■あらすじ
 『頭文字D』より未来、西暦202X年。車の自動運転が普及した日本。そんな時代に、公道の自動車レースが開催されていた。世界中で人気を集めるレースの名はMFG。ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニなど最速を誇るマシンが次々に参戦していた。一方、イギリスのレーシングスクールを卒業したドライバー、カナタ・リヴィントンは、ある目的を果たすため日本に帰国するのであった。

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。