『香川照之の昆虫すごいぜ!』新作は「赤とんぼ」 カマキリ先生が異例の宣言も(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

“カマキリ先生”香川照之によるNHK・Eテレの学校放送番組『香川照之の昆虫すごいぜ!』の新作が、11月3日午前9時から放送される。テーマは「赤とんぼ」。カマキリ先生(香川)は「未来を生きる子どもたちが少しでも今ある地球の現状ってのをわかってもらう機会になればなと思っています。年最後の昆虫すごいぜ!見て欲しいです」とメッセージしている。

【番組カット】シュール…田んぼで赤とんぼを探すカマキリ先生(香川照之)

 新作では「赤とんぼ」を通して、カマキリ先生が、人間たちへ昆虫を代表して訴える。その理由とは、実は、日本には赤とんぼという種のトンボはいない。童謡「赤とんぼ」で歌われたのは「ナツアカネ」と呼ばれるトンボだったと言われている。

 ほかにも秋になると田んぼでみかける「アキアカネ」などこれらのアカネ属のトンボが、米作りとともにあった日本の里山の風景を赤く彩ってきた。ところが、減反や稲作の変化に よって、トンボのすみかである田んぼの環境が変わる中、全国で赤とんぼが激減していると報告されている。

 この異変にカマキリ先生は「捕れないことで、アカネ属が減っていることを証明したい 」と、番組では前例のない「ゲットできない」宣言をしての昆虫採集がスタート。果たして、日本の里山のシンボル・赤とんぼはゲットなるのか? さらに、スタジオでも、このままでは日本の空から赤トンボが消えてしまう(!?)と、これまた前例のない真面目なカマキリ先生が、子カマキリたちへ熱い授業を行う。人間は“赤とんぼ”から何を学ぶのか? 今年の 秋 もカマキリ先生の熱い授業に注目だ。

 カマキリ先生(香川)は「トンボは、ちゃんと捕まえようと思ってきた子たちがいっぱいいる虫だと思う。例えばアリはいるのが当たり前だけど、いざ捕まえようとはなかなかしないじゃない。例え、都会でも見つけて、そして一回は網を振ったであろう、そういう親しみがあるのがトンボ! 授業では生きたトンボを子カマキリたちと向き合ったので、すごく奥が深いんだなってことを勉強して欲しいですね」とコメント。

 「数が減っている “赤とんぼ をとおして、未来を生きる子どもたちが少しでも今ある地球の現状ってのをわかってもらう機会になればなと思っています。今年最後の昆虫すごいぜ!見て欲しいです」と呼びかけている。

 出演は、香川(カマキリ先生)のほか、ゲストで寺田心(子カマキリ)、安本彩花(子カマキリ)。

【広告】

     キレイになれて謝礼金までもらえる、

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。