『Bloodborne』のプロデューサーとして知られる山際眞晃が、「仁王」シリーズで知られるTeam NINJAに参加(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

2021年2月末にSIEを離れた山際眞晃が、Team NINJAへと加わったことが明らかになった。SIEのインディーズ イニシアチブ代表を務める吉田修平が、このことをTwitterにポストし、山際とTeam NINJAのアカウントもこれに反応している。なお、ツイートでは吉田、山際に加え、Team NINJAブランド長の安田文彦も揃った写真が添えられている。

「仁王2」画像・動画ギャラリー

これによって『Bloodborne』のプロデューサーとして知られている山際が、「仁王」シリーズで知られるTeam NINJAに参加することなる。以前、山際と安田は、ArchipelとGame*Sparkによる『仁王2』のドキュメンタリー動画企画のなかで対談しており、このときの2者の距離が一層縮まったことになると言えるだろう。

Team NINJAは、コーエーテクモゲームスが擁する開発チームで、現在スクウェア・エニックスとともにアクションRPG『STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN』の開発に携わっている。
Team NINJAの直近の代表作『仁王2』で、安田はプロデューサーとディレクターを兼任。上記ドキュメンタリーでも山際に「プロデューサーとディレクターという役割をどのように折り合いをつけているのか」と尋ねられていた。今後2人がどのように、そしてどんな作品に関わっていくのかはいずれ明らかになるだろう。

コメントは受け付けていません。