『Dr.コトー診療所』16年の時を経て映画化 主演・吉岡秀隆&監督&脚本が続投(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

2003年にフジテレビで放送された『Dr.コトー診療所』が、16年の時を経て映画化されることが発表。主人公を演じるのは、連続ドラマから主演を務める吉岡秀隆。ドラマシリーズを手掛けた中江功が監督を務め、脚本も吉田紀子が続投する。

【写真】2020年に再放送された『Dr.コトー診療所2004 特別編』場面写真

 『Dr.コトー診療所』は、累計発行部数1200万部を超える山田貴敏の同名漫画を元に、僻地の離島を舞台に、東京から赴任してきた外科医“Dr.コトー”こと五島健助と島の人々との関わり合いを通して命の尊さを描くストーリー。平均視聴率19%、最高視聴率22.3%の大ヒットを記録。続く2006年に放送されたシーズン2でも、シーズン1を上回る平均視聴率22.4%、最高視聴率25.9%という驚異の高視聴率マークした国民的大ヒットドラマだ。

 そんな『Dr.コトー診療所』が、前作の放送から16年の時を経て映画化される。青い空と美しい海、雄大な自然に囲まれた志木那(しきな)島の舞台はそのままに、あれから16年経った今も変わらず島の人々と寄り添いながら生きるDr.コトー・五島健助の新たな物語を描く。

 主人公を演じるのは、連続ドラマから主演を務める吉岡秀隆。若干7歳で『八つ墓村』に映画初出演、その後山田洋次監督が手掛ける映画『男はつらいよ』シリーズや、倉本聰が脚本を手掛ける「北の国から」シリーズなど、数多くの国民的人気を誇る作品に出演。さらに2005年、そして2007年にそれぞれ公開された『ALWAYS 三丁目の夕日』と、その続編『ALWAYS 続・三丁目の夕日』では日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど日本が誇る名優の一人。16年の時を経て描かれる新たな物語で、自身の代表作であり、代表役ともいえる“コトー先生”として帰ってくる。

 監督を務めるのはドラマシリーズを手掛けた中江功。2020年、2021年に放送されたスペシャルドラマ『教場』をはじめとして、繊細かつ骨太な人間ドラマを得意とする中江監督は『若者たち2014』(2014)、『早子先生、結婚するって本当ですか?』(2016)など吉岡が出演するドラマも数多く演出。連続ドラマの放送が終了した後も、その都度“志木那島の今”について吉岡と話を交わしていたということもあり、監督曰く「吉岡さんとは雑談も交えて、続編の可能性について会うたびに話していたんですが、コロナ禍に入って、人の生死について考えることがありました。そのなかで“もう一度このメンバーで『Dr.コトー』を作りたい”という話になりました」というように、そこから一気に映画化の企画が動き出した。

 そして、脚本を手掛けるのは同じくドラマシリーズも手掛けた吉田紀子。ドラマシリーズで、多くの視聴者の心を鷲掴みにする物語を紡いできた吉田が、本作で、吉岡も思わず「切なくて涙があふれた」と思いを語った心震える脚本を書き上げた。さらに、撮影、照明、美術、音楽など制作スタッフも本作のために再集結した。

 加えて、スーパーティザービジュアルも解禁。今もなお志木那島にある診療所の前に佇むコトー(吉岡)がどこか遠くを見ているような儚げな表情浮かべるビジュアルは、ドラマシリーズをリスペクトしたもの。その佇まいから、16年の空白の期間もコトー先生の物語は島で紡がれてきたかのような、あたたかさと哀愁を感じることのできるビジュアルとなっている。

 映画『Dr.コトー診療所』は12月16日より全国公開。

 主演の吉岡、中江監督のコメント全文は以下の通り。

コメントは受け付けていません。