『ELDEN RING』を抜き『グランツーリスモ7』がトップに!PS Storeの2022年3月ダウンロードランキングが公開(IGN JAPAN)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:IGN JAPAN

PS Storeにおける2022年3月のダウンロードランキングが発表された。日本のPS5においては2月のダウンロードランキングで第1位だった『ELDEN RING』を抜き去り、『グランツーリスモ7』がトップになっている。基本プレイ無料タイトルのランキングでは『Apex Legends』が第1位、『フォートナイト』が第2位になっている。

「Sony PlayStation」画像・動画ギャラリー

PS5、PS4、基本プレイ無料タイトルそれぞれのトップ3は以下の通り。ランキングのすべての順位はPS.Blogを参照してほしい。

PS5

『グランツーリスモ7』(レビュー)
『ELDEN RING』(レビュー)
『STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN』(レビュー)

PS4

『ELDEN RING』
『グランツーリスモ7』
『STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN』

基本プレイ無料タイトル

『Apex Legends』
『フォートナイト』
『原神』(初期バージョンのレビュー)

PS5とPS4のトップ3は同じタイトルだ。『STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN』はどちらも第3位。PS5では『グランツーリスモ7』が、PS4では『ELDEN RING』がそれぞれトップになっている。世界での販売本数が1200万本を突破した『ELDEN RING』を、『グランツーリスモ7』がPS5のダウンロードランキングで上回ったのは驚きだ。
もっとも、『ELDEN RING』の発売日が2月25日、『グランツーリスモ7』の発売日が3月4日だったことは3月のランキングに影響しているだろう。PS5のランキングの20本のうち、『STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN』をはじめ7本が2022年3月発売のタイトルだ。
発売された月が異なるとはいえ、『ELDEN RING』を上回った『グランツーリスモ7』はセールスとしてはいいスタートを切った。レースイベントの報酬金額の減額を発売後のアップデートで実施し、プレイヤーから猛反発された『グランツーリスモ7』。最新アップデートでは報酬金額の増額が行われているため、発売翌月となる4月のランキングにも注目したい。

米国/カナダのランキングも発表された。新作が強いのは日本と同じだが、スポーツゲームが上位にいるのが大きな特徴。『WWE 2K22』、『NBA 2K22』、『FIFA 22』、『Madden NFL 22』の4タイトルがPS5とPS4両方のランキングに入った。とりわけ3月に発売されたプロレスゲーム『WWE 2K22』は、PS5で第3位、PS4で第2位のセールスを記録している。
日本と米国/カナダの違いが、基本プレイ無料タイトルのランキングであらわれているのはおもしろい。日本ではトップに『Apex Legends』、第2位に『フォートナイト』、第3位に『原神』となっているが、米国/カナダでは『フォートナイト』、『Apex Legends』、『コール オブ デューティ ウォーゾーン』となっている。カジュアル層が手を出しやすい基本プレイ無料タイトルのなかでも、とりわけFPSが人気を集めた。

【広告】

 【ファイテンオフィシャルストア】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。