【「Swallow スワロウ」評論】ただならぬスリルとエロスを湛え、異物を“飲み込む”ヒロインが物語るものとは?(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

主人公のハンターは大富豪の御曹司に見初められ、豪邸での新婚生活をスタートさせた若く美しい女性。しかし誰もが羨むほど物質的に豊かで、初めての子供も身ごもったその暮らしは、夫や義父母から軽んじられ、やるせない虚しさが募るばかり。そんな孤独と不安に苛まれる主人公の運命を見すえた本作は、思わず目を疑うようなモチーフによってストーリーを語っていく。それはずばり“異食症”である。

 ある日、夫が不在の自宅で衝動的にガラス玉を飲み込んだハンターは、なぜか快楽にも似た充足感を覚え、小さな金属片や石ころなどを次々と飲み込むようになる。彼女の異常行動はさらにエスカレートし、搬送先の病院で異食症と診断されようとも、夫に非難されようとも、猛然とこみ上げてくる欲望を抑えることができない。「そんなのホラーじゃないか!」と思った人はある意味、正しい。ところがこの映画、ファンタスティック系の映画祭のみならず、トライベッカ映画祭などで数多くの受賞歴を誇り、単なるキワモノ&ゲテモノとは片づけられない作品なのだ。

 まず製作総指揮を兼任した主演女優ヘイリー・ベネットの一挙一動から、まったく目が離せない。よほどこの企画に惚れ込んだのだろう。病的なまでに白く透き通った肌とブロンドの髪の容貌からして鮮烈なベネットが、陶酔の表情を浮かべて異物を飲み込み、身も心も壊れゆく様を生々しく体現。新人のカーロ・ミラベラ=デイヴィス監督の演出も、ハンターの空っぽな日常をシャープに点描する序盤から冴え渡り、観る者の想像を超えたスリルとエロティシズムを創出する。

 そして中盤、心理カウンセラーとの対話中におけるハンターの驚くべき告白を転換点として、映画はこれまた信じがたい展開になだれ込む。異食症は極度のストレスなどいくつかの原因によって引き起こされるというが、本作は主人公の忌まわしい出生の秘密を明かしながら、おそらく結婚以前から心に深い傷を負っていたであろうひとりの女性の肖像を浮き上がらせていく。この衝撃的なスリラーの真の凄みは、まさにそこにある。

 やがてひとりぼっちであてどなく漂流する主人公は、最後にある重大な決断を実行に移す。その“飲み込む”とは真逆の行為を目の当たりにした観客は、半ば唖然としながら、本作の根底にあるテーマが決して特殊ではないことを察知するだろう。ひょっとすると、これは今も昔も不条理な抑圧に満ちた世界のあちこちで繰り広げられている、女性たちの壮絶な闘争劇なのかもしれないのだ。

(高橋諭治)

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

target=”_blank” rel=”nofollow noopener noreferrer”> ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。