【最終章の予習】「進撃の巨人」これまでのストーリー&謎をおさらい! 巨人の正体、クリスタの過去、壁の外の世界とは?(アニメ!アニメ!)

出典元:アニメ!アニメ!

12月6日からNHK総合にて放送開始予定の『進撃の巨人 The Final Season』。巨人と人類の戦いの結末がついにアニメ化される。

【フォト】『進撃の巨人』キービジュアル&場面カットを見る

11月には新シリーズ放送に備えSeason3までのダイジェスト版が放送。序盤から数多くの謎が散りばめられている本作は、見返すたびに新たな発見がある。

そこで本稿では、押さえておきたいSeason1~3のストーリーと、物語の鍵を握る謎をピックアップ! 気になる箇所をチェックしやすいよう、謎が明かされた話数も併せて紹介する。

目次
・Season1:戦いの幕開け・<明かされた謎>…巨人の生態・Season2:巨人と人間の関係性・<明かされた謎>…巨人の正体・Season3:人間同士の戦い・<明かされた謎>…壁の外の世界・いよいよファイナルシーズンへ…残された謎は?

■Season1:戦いの幕開け

Season1では戦いの幕開けが描かれ、巨人との圧倒的な力の差がわかる。

巨人の襲来から100年。人類は高さ50mもの強固な壁を築き、その中で平和な生活を送っていた。壁は外側から順にウォール・マリア、ウォール・ローゼ、ウォール・シーナ。主人公のエレン(CV:梶裕貴)はウォール・マリア付近に位置するシガンシナ区で暮らしていた。

しかし、突如襲来した超大型巨人と鎧の巨人により壁が破壊される。
母を巨人に食い殺されたエレンは、巨人と戦うために幼馴染のミカサ(CV:石川由依)、アルミン(CV:井上麻里奈)とともに第104期訓練兵団に加入。卒団後は調査兵団で璧外調査の任につくことを目標としていた。

ある日トロスト区の壁が壊され、巨人との交戦中にエレンが負傷。けがをきっかけに巨人化したエレンは敵を退け、驚異の回復力を見せる。巨人として兵団内部から弾圧されそうになるエレンだったが、命がけで壁を修復し人類の味方であると証明した。

調査兵団への入団が許されたエレンは、人類最強の男・リヴァイ兵士長(CV:神谷浩史)が率いる班に所属する。念願の璧外調査に向かうが、そこには歴戦の兵士ですら瞬時に命を落とすような過酷な戦場が広がっていた。
さらに女型の巨人が出現し、エレンを奪おうとする。調査兵団は研究のために巨人の生け捕りを試みるも、エレンを死守するのが精いっぱいだった。

その後、アルミンの推測から女型の巨人の正体を突き止めたが、ウォール・シーナ内での戦闘により壁の一部が破損。崩れかかった壁の中からは、巨人が顔をのぞかせていた。

<明かされた謎>…巨人の生態

Season1では作中の大まかな世界観が提示されている。

まずは人類を脅かす巨人の存在。第1話「二千年後の君へ」では超大型巨人のほかにも意志を持たない巨人の群れが出現し、人類を次々と捕食していく。
第2話「その日」には鎧の巨人が、第17話「女型の巨人 ~第57回壁外調査1~」では女型の巨人が登場。巨人の中にも意志や能力を持つ者がいるとわかる。

巨人の生態については謎が多いものの、人間を嗜好品のように捕食すること、うなじに急所があることなどがわかっていた。
第15話「特別作戦班 ~反撃前夜2~」ではエレンの証言によって、自傷行為がきっかけで巨人化する人間がいると判明する。エレン自身は巨人化の方法をなぜか知っており、過去になんらかのきっかけがあることを暗示させていた。
さらに調査兵団所属ハンジ分隊長(CV:朴ロ美(※))の実験により、活動には日光が必要なこと、水も食料もなくても生きていけること、身体の大きさに似合わず重量が軽いことなどが明かされた。

※「ロ」は玉偏に路。

また、第2話のアイキャッチには「現在公開可能な情報」として、人類が活動する領域内は水や鉱物などの資源に恵まれていると記載されている。この設定はSeason3でも再度言及されており、巨人を仕向けた外部勢力が資源獲得も狙っていることが明かされる。
アイキャッチには多くの情報が含まれているため、見直すときは注目するといいだろう。

さらに、第1話ではエレンの父親グリシャ(CV:土田大)がエレンに地下室の鍵を見せるシーンがある。しかし、秘密が隠された地下室にエレンたちがたどり着くのは、Season3まで待たなければならない。

グリシャには謎が多く、第2話で幼いエレンに無理やり注射を打つ描写や「鍵を忘れるな」と叫んでいる場面が登場する。このシーンはエレンが見ていた夢のように演出されていた。
しかし、シガンシナ区を脱出した時点では鍵を持っていなかったこと、そしてSeason3で明かされた真相を考慮すると現実の出来事だったとわかる。

■Season2:巨人と人間の関係性

Season2では、巨人や壁に関する謎が徐々に明かされていった。

ウォール・シーナの壁から発見された巨人の真実を突き止めようとするハンジ。苦労の末、壁内の一大勢力であるウォール教のニック司祭(CV:麻生智久)に口を開かせる。
壁の真実を握る者として挙げられたのは、エレンと同じ第104期生のクリスタ(CV:三上枝織)だった。

一方その頃、104期生は女型の巨人の正体であったアニ(CV:嶋村侑)の共犯者がいると疑われ、隔離されていた。しかし巨人の襲来により急遽調査任務が与えられる。
調査の中で、巨人の正体に思い至るコニー(CV:下野紘)。さらに人語を使いこなす獣の巨人(CV:子安武人)に遭遇し、熟練の兵士たちが次々と命を落としてしまう。

絶体絶命の状況の中、クリスタを守るために巨人化したユミル(CV:藤田咲)により窮地を脱した104期生たち。負傷したユミルに、クリスタは隠していた本名を明かした。

104期生と合流後、壁の調査へと向かうエレン。ライナー(CV:細谷佳正)から鎧の巨人と超大型巨人の正体を聞き、巨人同士の戦いが勃発する。
奮戦するも、巨人に連れ去られてしまうエレンとユミル。調査兵団が奪還を試みるものの、またも犠牲は大きかった。
無力さに打ちひしがれるエレン。そんな中巨人を操る能力「座標」に目覚め、襲い来る巨人たちを撃退した。

<明かされた謎>…巨人の正体

Season2の冒頭では人類を守ってきた壁と巨人の関係が明かされている。
第26話「獣の巨人」ではニック司祭が「あの巨人に日光を当てるな」と発言しており、活動力の低下した巨人を壁の材料としてきたことがわかった。

また、巨人の正体が人間だったことも明らかに。
第28話「南西へ」で故郷へと戻ったコニーは、実家に横たわる巨人を目にする。巨人に敵意がないことや「おかえり」とも聞き取れる言葉を投げかけられたことから、正体は母親なのではと思い至った。
また、ウォール・ローゼに新たな被害がなかったため、巨人は壁の内部から発生した可能性が浮上する。
数々の手がかりを結びつけたハンジは、第37話「叫び」で巨人の正体は人間だと結論付けた。

さらに第31話「戦士」で鎧の巨人がライナー、超大型巨人がベルトルト(CV:橋詰知久)だったと判明する。
ライナーとベルトルトは壁の外に故郷を持つ人間だった。兵団の兵士ではなく、「戦士」として動いている2人。獣の巨人とのつながりも示唆されており、壁外に存在する敵対勢力が浮かび上がってくる。

クリスタの本名も明らかになった。
第30話「ヒストリア」でユミルが巨人の力を秘めていたと知ったクリスタは、訓練兵団時代の約束を守り本当の名前「ヒストリア・レイス」を名乗る。
この時点では貴族家のひとつとして知られていたレイス家だが、Season3ではさらなる謎が明かされる。

→次のページ:【Season3:人間同士の戦い】

■Season3:人間同士の戦い

Season3はこれまでのシリーズとは雰囲気が異なり、人間同士の戦いも描かれた。

壁の穴をふさぐため、巨人特有の硬質化訓練を重ねるエレン。しかし調査兵団の敵は巨人だけではなかった。
ニック司祭が殺害されたことを機に、兵団内部での抗争が勃発。エレンとヒストリアがさらわれ、さらにリヴァイの前には因縁の相手・ケニー(CV:山路和弘)が立ちふさがる。
人間相手の戦闘により民間人殺害の罪を着せられた調査兵団は、追われる身となってしまった。

調査兵団団長のエルヴィン(CV:小野大輔)は裁判によって死刑が決定。命運が尽きたかと思われたとき、ウォール・ローゼが巨人に突破されたとの連絡が入る。

内戦を恐れ、避難民の受け入れを拒む王政。政府への不信感が頂点に達した頃、巨人出現は意図的な誤報だったと明かされる。
人類を救うためには政府ではなく兵団が必要だと判断したピクシス司令(CV:田中正彦)は、クーデターを実行し真の王を立てることを選んだ。

一方ヒストリアは父親のロッド・レイス(CV:屋良有作)に出会い、一族にまつわる秘密を耳にする。
レイス家が途絶えかけた背景にはエレンの父・グリシャがかかわっていた。グリシャによってレイス家が継承してきた「座標」が奪われたと知ったエレン。罪の意識を感じレイス家に力を返そうとするが、ヒストリアに活を入れられ生き延びた。

その後巨人化したロッドから仲間を守ったエレンと調査兵団。そしてヒストリアは真の王として即位した。

2か月後、エレンが硬質化に成功し、ようやく壁の穴がふさがると、次なる目的の「ウォール・マリア奪還作戦」が始まる。

鎧の巨人、超大型巨人、そして獣の巨人との戦いの中、瀕死の傷を負うアルミンとエルヴィン団長。巨人になれば命を救えるが、必要な薬は1つだけしかない。
どちらを救うか悩んだリヴァイは、人類の未来を信じてアルミンを巨人にした。

巨人化したアルミンは超大型巨人のベルトルトから力を継承。ウォール・マリアを奪還し、巨人にまつわる謎が隠されているイェーガー家の地下室に向かう。

地下室で発見したグリシャの手記から世界の真実を知るエレンたち。報告を受けた新政権はかつての過ちをくり返さぬよう、すべてを民に公表する道を選んだ。

調査兵団がウォール・マリアの外に進出したのはSeason1で描かれた最初の襲撃から6年後。エレンたちは、ついに外の世界との境目である海にたどり着いた。

<明かされた謎>…壁の外の世界

Season3で明かされた謎は、Season2までに提示されていた世界観を覆すような内容が多い。

ひとつは壁の政権を握っていた王政府が偽りであったこと。王家の巨人は壁を作る力だけでなく、記憶を改ざんできる能力も有していた。

続いて明かされたのは真の王族の正体。第44話「願い」では初代の王が壁を築いたことや、人々の記憶を改ざんして偽の記憶を与えていたことが明かされる。
初代王の目的は、巨人によって支配される世界の創造。王族の末裔に当たるのは、ヒストリアのいたレイス家だった。

さらに巨人の力の継承方法も明らかに。第40話「昔話」のアイキャッチでも明言されているように、意志のある巨人を食らうことで特殊能力も受け継ぐことができる。

エレンの父・グリシャは継承方法を知っており、5年前にレイス家から「座標」を奪っていた。
第43話「罪」に描かれていたように、グリシャは巨人化したエレンに自らを食わせることで力を引き継がせる。Season1第2話でエレンが見ていた夢は、この出来事の記憶だった。

第43話「罪」ではミカサの実家であるアッカーマン家についても触れられている。
アッカーマン家には王族による記憶改ざんが通用しなかったため迫害され、山奥でひっそりと暮らしていた。一連のシーンを見ると、リヴァイもアッカーマン家の血を引いているとわかる。

第56話「地下室」と第57話「あの日」、そして第58話「進撃の巨人」では、壁の外の世界とグリシャの正体が明らかになった。

壁の外の世界では、巨人に関する歴史が伝えられている。
1820年前、人類の祖先ユミル・フリッツは大地の悪魔と契約して巨人になった。ユミルの死後、その魂は9つに分かれ巨人たちに継承される。エルディア人、もしくはユミルの民と呼ばれる彼らは大国マーレを支配した。
迫害されていた他民族の反撃により9つのうち7つの力が奪われたユミルの民。80年前の巨人対戦に敗北したことで形勢が逆転し、悪魔の民族としてさげすまれるようになった。
パラディ島へと逃げのびたエルディア人の一派は、三重の壁を築き生活し始める。その子孫がエレンたち壁の中の人類である。

エルディア人として壁の外で生きていたグリシャは、マーレの横暴な支配や歴史の改ざんに対抗して反乱勢力に加わるが失敗。反逆者の流刑地であるパラディ島で、エレン・クルーガー(CV:松本保典)から力を託されて巨人となった。

始祖の巨人の力を奪還し、マーレに立ち向かうために経歴を偽って生きていたグリシャ。第57話以降、グリシャの記憶はエレンにも受け継がれた。

■いよいよファイナルシーズンへ…残された謎は?

『進撃の巨人』には、まだまだ謎が残されている。

たとえばユミル・フリッツから分離した9つの巨人の能力。
Season3までに超大型(ベルトルト)、鎧(ライナー)、女型(アニ)、獣(ジーク)、顎(ユミル)、進撃(エレン)、始祖(レイス家からグリシャ、エレンへ継承)、車力(正体不明)の8つが登場しているが、残るひとつの能力は未知数だ。
『進撃の巨人 The Final Season』のPVには新たな巨人が登場しており、よりスケールを増した戦いが描かれると予想される。

また、第59話「壁の向こう側」でエレンが言っていたように、海の向こうの敵を滅ぼせば自由を手にできるのかもわからない。科学技術の進んだマーレがどれほどの軍事力を持っているのかも謎に満ちている。

第1話冒頭でエレンが見ていた夢も気になるポイントだろう。
まだ巨人の脅威を知らないはずの幼いエレンが、なぜ人間が捕食される光景などを夢に見たのか。第1話サブタイトルの「二千年後の君へ」や、エレンの「すっげー長い夢を見てた気がするんだけど」などのセリフにも深い意味がありそうだ。

『進撃の巨人 The Final Season』ではどのような謎が明かされるのか。テレビ画面から目をそらさずに見届けたい。

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

【広告】

SUNMEDICAL

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。