【紅白】視聴率発表 平均世帯視聴率34.3% 前年から6ポイントの大幅ダウン(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

昨年大みそかの『第72回NHK紅白歌合戦』の平均世帯視聴率が2日、発表され、前半(午後7:30~8:55)が31.5%、後半(後9:00~11:45)が34.3%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。いずれも昨年の前半34.2%、後半の40.3%から大きく数字を落とした。2部制になった1989年以降では、2019年の37.3%(第2部)も下回り、ワーストの数字となった。

【一覧】『第72回NHK紅白歌合戦』出場歌手 曲順&これまでの出場回数も

 個人視聴率も前半は23.4%、後半が24.8%という数字に。こちらも昨年の前半25.0%、後半29.6から落としていた。

 また、関西地区では世帯視聴率が前半31.1%(前回32.8%)、後半35.0%(前回39.3%)、個人視聴率が前半22.2%(前回23.2%)、後半24.9%(前回27.7%)だった。

 昨年のテーマは「Colorful~カラフル~」。司会は俳優の大泉洋、女優・川口春奈、NHKの和久田麻由子アナウンサーが務めた。昨年から「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼称を全員「司会」に統一した。また、会場のNHKホールが改装工事中のため、東京国際フォーラム ホールAで初開催。NHKホール以外で行われるのは、1972年(第23回)以来49年ぶり。コロナ禍の昨年は史上初の無観客開催だったため、有観客は2年ぶりとなった。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。