【関コレ2021SS】手越祐也、初出演で大トリ飾る 新曲含め4曲披露「パワーの1ピースになれれば」(オリコン)

出典元:オリコン

元NEWSの手越祐也(33)が7日、大阪・京セラドーム大阪で行われた『KANSAI COLLECTION 2021 SPRING & SUMMER』に大トリとして初出演を果たした。

【動画】手越祐也が本音を吐露 SNSでの批判の声に「僕にだって心ある」

 ライトに照らされステージに登場した手越は新曲「モガケ!」を初披露。歌唱後、「どーも、手越祐也です! すごくステージ上からの景色、きれいです。みんなどうもありがとう!」と高らかにあいさつ。「本来僕が一番好きなこのステージという舞台で心を込めて、明日からの皆さんの毎日が素敵な思いになるように、心を込めて歌っていきたい。今日はどうぞよろしくお願いします!」と力強く呼び掛けた。

 新曲「モガケ!」について、「コロナによっていろんな人がつらい思いをして、いろんな人が好きなことができなくなった。でも僕らはこうして生きていくしかない」と思いを明かす。「もがいてでも、落とし合うのではなく、心が豊かじゃない時って誹謗中傷したりとか、マイナスなことを言いたくなっちゃうメンタルだと思う。その中で、みんなが手と手を取り合って、昔よりもっと良い世界に変えていく。僕自身もそうですし、少しでも、もがいている皆さんを応援できるよう、新曲を披露させていただきました」と意図を語った。

 続いて、公式YouTubeチャンネル『手越祐也チャンネル』に投稿している「歌ってみた動画」から「すごく反響が大きく、この舞台で歌うのにふさわしいと思った1曲」という、4人組バンドDISH//の「猫」と、川崎鷹也の「魔法の絨毯(じゅうたん)」を続けて熱唱した。また、お決まりの決めフレーズ「テイ!」を観客と一緒に楽しむ場面もあった。

 最後に「いろんなところで活動、表現して、1人でも多くの方に笑顔になっていただけるような活動を続けていきたいと心から思う。興味ある人もない人も、手越祐也がパワーの1ピースになれればいいなと思って次の曲を歌いたいと思います」とし、新曲を披露し、ライブを締めくくった。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。