こち亀でお馴染みの「勝鬨橋」 実は1940年東京万博のメインゲートになる予定だった(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

1970(昭和45)年に開催された大阪万博が55年ぶりに2025年、開催します。

【明治から現在まで】勝どき・晴海周辺の変化を見る

 以前と比べて、大規模な博覧会が国内で開かれることも少なくなりました。最後に話題となったのは2005(平成17)年の愛知万博ですから、万博がどんなイベントだったのか、記憶が曖昧な人も多いのでしょう。ただ、数多くのパビリオンが建てられ、世界の最新技術や珍しいものが一堂に会するイベントでワクワクするのは今も変わりません。

 さて、延期になった東京オリンピック・パラリンピックは、戦争の影響で中止になった1940年大会となにかと比較されがちです。一方、意外に言及されにくいのが同年開催予定だった東京万博・紀元2600年記念日本万国博覧会です。

 日本は当初、1940年にオリンピックと万博を同時開催しようとしていました。なお、これらに加えて冬季オリンピックも札幌で予定していたため、とんでもないイベントの当たり年になる予定だったのです。

 東京万博のメイン会場に決まったのは、東京湾の月島4号地と5号地(現在の晴海と豊洲)。当時できたばかりの埋め立て地でした。これに加えて横浜の山下公園にも会場を設置することになり、会場面積は160万平方メートルになりました。

 予算も膨大で、1940年東京オリンピックの総予算が約3100万円を見込んだのに対して万博は約4450万円でした。

 この万博に向けてつくられた施設のうち、現存するもので最も有名なのが、隅田川に架かる勝鬨橋(かちどきばし)で、万博会場へのメインゲートとなる予定でした。また勝鬨橋自体には、日本の技術力の高さを示す意図がありました。

 橋の計画が持ち上がったとき、米国企業から援助の申し出もありましたが、それを断り日本人だけで設計・施行が行いました。今ではレトロな橋となっていますが、当時は東洋一の可動橋で、最新技術の塊。欧米でも使われていない特許技術も多数含まれていたのです。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。