なにわ男子・大西流星、浮気男の焦り実感 『かりかり』瑠夏を前に「麻美ちゃん」と呼び間違い「一気に冷や汗」(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

ドラマL『彼女、お借りします』(テレビ朝日2日から毎週土曜 深2:30/ABCテレビ3日から毎週日曜 後11:55)の取材会がこのほど、都内で行われた。同ドラマで、非モテ人生のダメダメ大学生な主人公・木ノ下和役を務める人気グループ・なにわ男子の大西流星、ヒロインの水原千鶴役・桜田ひより、七海麻美役・秋田汐梨、更科瑠夏役・工藤美桜、桜沢墨役・沢口愛華が参加し、キャラや作品の魅力などを語った。

【写真】あなたの好みは?可愛すぎる…実写版『かのかり』ヒロインたち

 同作は『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中の、コミックス累計発行部数1000万部を突破している人気ラブコメ漫画が原作。主人公は、ダメ大学生で非モテ人生まっしぐらの木ノ下和也で、初めてできた彼女・七海麻美に速攻でフラれ、半ばヤケクソでレンタル彼女を申し込んだところ、理想の女性・水原千鶴が現れ、千鶴に惹かれながらも、思わせぶりな態度の元カノ・麻美、超積極的な瑠夏、極度の人見知りで口下手な桜沢墨らが登場し、和也があたふたする様子を描いたストーリー。

 作品について大西は「一人ひとりの個性的なキャラクターが際立っていて、会話をしている姿の掛け合いも面白い。コメディー要素もたくさん詰まっているので、テンポ感の良いドラマになっていると思います」とにっこり。

 そんな大西との撮影エピソードについて、工藤は一言あるそうで「名前を間違えられるところです! 本当にショックでした」とニヤリ。とあるシーンの出来事をあげ「瑠夏ちゃんって(リボンなど)特徴があるじゃないですか。見つめ合って(大西から)『〇〇だよね! 麻美ちゃん!』と言われて、そこ間違える~!(笑)」と暴露した。

 これに共演者は「うそー!」「ひどーい!」と驚くと、大西は「世の中の浮気をしている男性が、彼女の前で浮気相手の名前がポロっと出ちゃったということは、よく聞くじゃないですか? その焦り具合というのを実感して、一気に冷や汗をかきました」と苦笑い。

 続けて「何回も間違えてしまう…この短期間で多くの女性の名前を呼ぶことがなかったので、前日が麻美ちゃんとの撮影シーンだったら、口がもう“麻美”になっていたりするので(※麻美ちゃんと言いやすくなっている状態の口)、これは本当に申し訳ないことをしたなと思ったら、5分後くらいに監督さんも間違えられていて(笑) すみませんでした」と照れていた。

コメントは受け付けていません。