なにわ男子・道枝駿佑“5代目金田一少年”を完走 4ヶ月振り返り感涙「役者人生のターニングポイントに」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

人気グループ・なにわ男子の道枝駿佑が、日本テレビ系の主演ドラマ『金田一少年の事件簿』(毎週日曜 後10:30)をクランクアップした。先輩たちから受け継いだ5代目金田一一役を演じきり、涙も見せながら「正直言うと、大変でした。でも、それ以上に楽しかったです!」と万感の思いで語った。

【場面カット】『オペラ座館殺人事件』より山本舞香が抱き寄せられ…

 1995年の初ドラマ化から、幅広い支持とともにシリーズを積み重ねてきた『金田一少年の事件簿』。第5シリーズでは、道枝が主人公・一役を受け継ぎ、美雪役の上白石萌歌、佐木役の岩崎大昇(※崎はたつさき、美 少年/ジャニーズJr.)、剣持警部役の沢村一樹らと難事件に挑んできた。7月3日放送の最終回「File07オペラ座館 ファントムの殺人 解決編」で幕を閉じる。

 約4ヶ月かけた撮影のラストは、同話で犯人の疑いをかけられた劇団員の城(増田昇太)が、身の潔白を証明するために一人で鍵のかかった劇場にこもり、一たちが交代で劇場の外で見張りをするシーン。OKが出ると、共演者・スタッフから盛大な拍手が起こった。

 道枝は「4ヶ月間、大変お世話になりました。ジャニーズに入って、ずっと夢だった金田一に、デビューして半年というタイミングで関わらせていただくことができて本当にうれしかったですし、まわりの方々に支えられて駆け抜けた4ヶ月だったなと思います」としみじみ。

 さらに「沢村さん、上白石さん、大昇、そして毎話出演してくださったゲストの皆さん、そしてたくさんのスタッフさんに支えられて本当にここまで来ることができました。途中、いろんなことがあり、一時はどうなることかと思ったこともありましたが、誰一人欠けることなく、ここまで駆け抜けられて良かったな、と思っています」と座長として感謝を込めた。

 また「正直言うと、大変でした」と明かしながら、「でも、それ以上に楽しかったです! すごくいい経験になりましたし、自分の役者人生のターニングポイントになる作品になりました。皆さん本当にお世話になりました!! ありがとうございました!」と時折涙をにじませ、監督やプロデューサーからねぎらいの言葉が寄せられた。

 最終回「File07オペラ座館 ファントムの殺人 解決編」では、愛に狂った殺人鬼ファントムの真の正体が明らかになる。怪人ファントムの犯行を匂わせる惨劇が続く中、レオナ(山本舞香)を襲った犯人と同じ仮面が、劇団員の城の部屋から見つかる。犯人の疑いをかけられた城は、白神(戸塚純貴)の提案で、潔白を証明するため劇場に一人でこもる。もし他に犯人がいたとしたら、密室にいる城は安全のはずだったが、一が訪れた時、彼はすでに殺されていた…。

コメントは受け付けていません。