アジズ・アンサリ主演「マスター・オブ・ゼロ」シーズン3、5月配信(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

アジズ・アンサリ企画、監督、脚本、主演のエミー賞受賞ドラマ「マスター・オブ・ゼロ」のシーズン3が、5月からNetflixで配信されることがわかった。NetflixがSNSで発表した。

 2015年にシーズン1の配信がスタートした「マスター・オブ・ゼロ」は、米ニューヨークを舞台に、俳優として芽が出ず、コマーシャル出演などの端役で生計を立てているインド系アメリカ人のデフ(アンサリ)の日常を描くコメディ。アンサリの実の両親が出演したエピソード「ペアレンツ」で脚本を手がけたアンサリとアラン・ヤンが、エミー賞脚本賞を受賞した。また17年のシーズン2は、デフの友人で同性愛者のデニス(リナ・ウェイス)を主人公に描いたエピソード「サンクスギビング」で、アンサリとウェイスがエミー賞脚本賞を受賞。米IndieWireによれば、シーズン3は全5話でアンサリが監督を務め、アンサリとウェイスが脚本を手がけたという。

 ウェイスは「マスター・オブ・ゼロ」をきっかけに脚本家としてブレイクし、アフリカ系アメリカ人カップルの逃避行を描いたダニエル・カルーヤ主演の映画「Queen & Slim(原題)」(2019)も高く評価された。

 アンサリは18年にデートでのセクハラ疑惑が浮上し、告発した女性とのやり取りがハラスメントに相当するか議論を呼んだ。その後、アンサリは19年のNetflixスタンダップスペシャル「アジズ・アンサリの“今”をブッタ斬り!」でその騒動を振り返っている。アンサリのこれまでの映画出演作には「ピザボーイ 史上最凶のご注文」「ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日」などがある。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。