アメリカ宇宙軍の呼称問題 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』監督が反応(Rolling Stone Japan)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:Rolling Stone Japan

マイク・ペンス米副大統領は米現地時間12月18日、トランプ政権による軍拡政策の一つである宇宙軍の呼称を今後「ガーディアンズ」とすることを発表した。

アメリカ宇宙軍の呼称問題に映画監督が反応

すでにロゴマークの件でスター・トレックシリーズの商標を侵害している宇宙軍だが、今度はガーディアンズというネーミングでマーベルの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズを踏みつぶすような行為である。

こうした類似点をマーベル・シネマティック・ユニバースシリーズの監督、ジェームズ・ガンは見逃さなかった。ペンス副大統領のツイートに「この間抜けを訴えていいか?」とリプライを返したのだ。さらに、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでマンティス役を演じた女優のポム・クレメンティエフはガン監督に「全員眠らせておきましょうか?」と反応。ガン監督はこれに対して、「一年くらい頼みたいな。ありがとう」と返した。また、同シリーズの公式アカウントからも嘲る反応があった。

マーベルは1969年1月に『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』の原作1作目を出版している。当然、当時は現在のMCUチームとは全く異なるチームだった。「ガーディアンズ」というネーミングについての公式声明では、アメリカ宇宙軍は1983年の空軍宇宙軍団による「ガーディアンズ・オブ・ザ・ハイ・フロンティア」という言葉を参考にしたと発表している。アメリカ宇宙軍は、同日にTwitterで「宇宙関係のプロフェッショナルや一般の人々への調査、何百もの提案を受け、丸一年にわたるプロセスを経て今日、ついに私たちの名称を発表します。私たちは“ガーディアンズ”です」と、投稿した。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。