アンドリュー・ガーフィールド、トビー・マグワイアと一緒にお忍びで『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』初日の上映を見に行っていた(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

注意:この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。作品鑑賞後にお読みください!

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」画像・動画ギャラリー

スパイダーマンに関して話せないという神秘的な契約から解放されたアンドリュー・ガーフィールドは、スクリーンに帰ってきた自分たちの姿をファンとともに見るべく、共演のトビー・マグワイアを連れて『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の初日上映をお忍びで見に行ったことを明かした。
ガーフィールドはETのインタビューでこう語った。「いまだに信じられないよ。初日の夜に映画館に忍び込んで、野球帽にマスク姿で映画を見てきたんだ」
それだけではない。ガーフィールドはこの夜、もうひとりのスパイダーマンであるトビー・マグワイアと一緒に「ノー・ウェイ・ホーム」を見に行っていたのだ。
「実はトビーも一緒だったんだ。僕とトビーでこっそり映画館に行ったんだけど、僕たちがいたことには誰も気づいてなかった。あの映画を一緒に見るっていうのは本当に美しいことだったね。トビーやトム(・ホランド)と一緒にいて仲間意識が築けたことも、そして僕たちがとてもユニークな経験を共有したということも、全部が美しいことだ」

ガーフィールドとマグワイアが『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に登場したことに対する劇場での反応をネットで検索してみると、ファンが正気を失うほど喜んでいたことがわかる。2人の俳優が今回の潜入調査で直にその様子を目の当たりにできたことは間違いないだろう。
『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』公開前、マルチバースというテーマによってガーフィールドとマグワイアが本作に登場するのではないか、と多くの人が予想していた。ガーフィールドは何カ月もの間それを否定し、知らないふりを続けていたが、蓋を開けてみれば2人とも本作に出演しており、しかも超重要な役割を果たしていた。
いまやその秘密が明らかになり、ガーフィールドはスパイダーマン役として復帰したことについて多くを語るようになった。これまでスパイダーマンを演じた3人の中で、ガーフィールドの「アメイジング・スパイダーマン」だけは2作で早めに終わってしまっていた。
「ノー・ウェイ・ホーム」劇中でも、ガーフィールド演じるピーター・パーカーがほかのピーターと会話するシーンで、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズの評判がおもしろおかしく取り上げられていた。ガーフィールドによれば、そのシーンで彼がほかのピーターに「愛している」と言う場面はアドリブだったのだという。
Varietyに対してガーフィールドはこう語った。「この映画にはアドリブで言ったセリフもある。彼ら(マグワイアとホランド)に向かって愛してるって伝えるところだよ。あれは僕自身が本当に彼らを愛してたっていうだけなんだ」

キャラクターが息を吹き返したことで、最近ガーフィールドは「正しいと感じられれば」再びスパイダーマン役に復帰するつもりだと発言した。自分が演じたスパイダーマンが不完全燃焼に終わってしまったことを考えれば無理もない発言だろう。IGNの『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』レビューはこちらから読める。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

target=”_blank” rel=”nofollow noopener noreferrer”> ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。