エドガー・アラン・ポー「アッシャー家の崩壊」ドラマ化 「真夜中のミサ」のマイク・フラナガンが監督(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

Netflixが、エドガー・アラン・ポーの短編「アッシャー家の崩壊」をリミテッドシリーズとしてドラマ化することがわかった。

 米Deadlineによれば、本作は「シャイニング」の40年後を描いた大ヒット映画「ドクター・スリープ」や、Netflixで配信中の人気ドラマ「真夜中のミサ」を手がけるマイク・フラナガン監督による企画。1893年に出版された「アッシャー家の崩壊」は、かつての親友アッシャーから手紙をもらい屋敷に招かれた語り手が、そこで恐ろしい出来事を経験するという内容だ。

 8話構成の新ドラマ「The Fall of the House of Usher(原題)」は、「アッシャー家の崩壊」のほかポーの複数の作品をもとに制作するとのことで、フラナガンとマイケル・フィモナリ(「ドクター・スリープ」撮影監督)が4話ずつ監督を務める。フラナガン監督の製作会社イントレピッド・ピクチャーズのトレバー・メイシー、メリンダ・ニシオカが制作総指揮を手がける。

コメントは受け付けていません。