エバ・デュバーネイ、新DCドラマ「ナオミ」をプロデュース(映画.com)

出典元:映画.com

「グローリー 明日への行進」「ボクらを見る目」のエバ・デュバーネイ監督が、DCコミックの女性ヒーローを主人公にした米The CWの新作ドラマ「ナオミ(原題)」で脚本と制作総指揮を務めることがわかった。米バラエティが報じている。

 主人公となるナオミは、DCコミックス傘下の新興レーベル「ワンダー・コミックス」から2019年に刊行された「ナオミ」(全6巻・ブライアン・マイケル・ベンディス、デビッド・F・ウォーカー共著)でDCマルチバースに誕生した新キャラクター。ドラマ版では、アメリカ北西部の片田舎で生まれ育ったナオミが、ある出来事をきっかけに自身の起源を知り、特殊能力を覚醒させてティーンヒーローへと生まれ変わっていく姿が描かれるようだ。

 制作元のワーナー・ブラザース・テレビジョンと包括契約を結んでいるデュバーネイは、同じくDCコミック原作の人気ドラマ「ARROW アロー」の脚本家ジル・ブランケンシップと共同で脚本と制作総指揮を手がける。

 デュバーネイは、「グローリー 明日への行進」「13th 憲法修正第13条」と監督作が立て続けにアカデミー賞にノミネートされたことで一躍注目を集めたのち、黒人5人が不当逮捕された実際の冤罪事件をドラマ化したNetflixのミニシリーズ「ボクらを見る目」でエミー賞16部門にノミネートを果たした。現在は、米OWN(オプラ・ウィンフリー・ネットワーク)で放送中の人気ドラマ「Queen Sugar(原題)」「Cherish the Day(原題)」で企画・制作総指揮を務めるかたわら、ブライアン・ウッドの同名DCコミックをドラマ化する米HBO Maxの新ドラマ「DMZ(原題)」、ネイティブアメリカンの家族を主人公にした米NBCの新ドラマ「Sovereign(原題)」で制作総指揮を手がけるなど、テレビ界にも活躍の場を広げている。

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。