カート・ヴォネガットのドキュメンタリー映画、2021年夏公開(Rolling Stone Japan)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:Rolling Stone Japan

米作家カート・ヴォネガットのドキュメンタリー映画『カート・ヴォネガット:アンスタック・イン・タイム』が、2021年夏に公開される。

米作家カート・ヴォネガットのドキュメンタリー映画

ロバート・B・ワイディとドン・アーゴットとの共同監督で作られた本作は1988年から、ヴォネガットが84歳で亡くなる2007年までの約20年もの間、製作が続けられた。本作は米インディアナ州のインディアナポリスで過ごしたヴォネガットの幼少期や、第二次世界大戦において捕虜とされていた時期、プライベートや、1969年に『スローターハウス5』でついに作家としての成功を掴むまでを辿ったものとなっている。

公開された40秒のティーザー映像では、良き友となったヴォネガットとワイディの掛け合いを見ることができ、ヴォネガットは「ファックスを受け取ったよ、上映には行けないけど」、「とにかく怖いんだ。自分のことが映画になって上映されるなんて正直めちゃくちゃ怖い」と、ワイディに伝えている。

ワイディは、「1982年に初めてヴォネガットにこの映画を作りたいんだと伝えた時、自分が心に思い描いたのは本当に普通の作家のドキュメンタリーだった」と、語った。さらに続けて、「数十年経って、彼が亡くなって、出来上がったものは普通とは全く違った。文字通り私のアイドルだった彼との友情が出来上がっていくにつれて、全てを打ち明ける必要を感じ始めた、ドン・アーゴットがこの話のメタ要素を映してくれている一方、私はヴォネガットの人生にフォーカスし続けた。私たちが最終的に作り上げたものは、まさに映画製作者としての二人の力を掛け合わせたものだ。ヴォネガットのファンたちにとっても、観るに値するトリビュート作品であり、そうでない人たちにとっても注目せざるを得ないようなヴォネガットへのイントロでもある。この作品を作り上げられたことは自分にとってのステップアップであり、私の人生をかけた情熱を持ってこのプロジェクトを公開できることは非常に光栄だ」と、話した。

また、ドン・アーゴット監督は「ずっとヴォネガットのファンとして過ごしてきて、この映画の一部に携われたことは名誉だ」、「ヴォネガットの独特な声がとても恋しい。作品を見てくれる人々が彼の才能を再発見してくれることが楽しみだよ」と、話している。

【広告】

女性用ふんどしショーツ

女性のキレイは【睡眠中のふんどし】が作るらしい!? 

「解放感が心地よくて、もう普通の下着に戻れない。」

という声が続出! 人気の秘密は?

↓  ↓  ↓



コメントは受け付けていません。