ギャングの父の真相追う犯罪ドラマ「Unto The Son」にハーベイ・カイテル、アビー・コーニッシュ(映画.com)

出典元:映画.com

マリリン・マンソン主演の犯罪映画「Let Me Make You a Martyr(原題)」(2016)のコーリー・アスラフ監督による新作「Unto The Son(原題)」に、ハーベイ・カイテル、アビー・コーニッシュ、ピーター・ファシネリが出演することがわかった。

 米Deadlineによれば、本作はアスラフ監督自身の体験をもとにした犯罪ドラマで、青年とその家族が失踪したギャングの父の真相を追う姿を描く。ほかに、トム・アーノルド、ダニー・A・アベケイザー、アダム・カースト、マルタ・ポザン、マーワン・サラマ、マイルズ・シャントが共演する。

 製作総指揮は、「ブラック・スワン」「マッドバウンド 哀しき友情」のジェニファー・ロス。「Unto The Son(原題)」は、2021年2月から米ミシシッピとマイアミのほか、イスラエルで撮影が行われる。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。