ゲイリー・オールドマン主演の鎮痛剤依存症描く新作、2月米公開(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

ゲイリー・オールドマン、アーミー・ハマー、エバンジェリン・リリーが出演、ニコラス・ジャレッキー(「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け」)が監督・脚本を手がけた新作「Crisis(原題)」が2021年2月26日から米公開、3月5日からデジタル&オンデマンド配信されることが明らかになった。

 本作は、主にアメリカで深刻な社会問題となっているオピオイド系鎮痛剤の蔓延に焦点を当てている。複数のストーリーが交錯する構成で、フェンタニルを密輸する麻薬売買人、失踪した息子を探すオキシコドン中毒を治療中の女性建築家、“中毒性のない”新鎮痛剤にまつわる製薬会社と政府の癒着を知った大学教授の3人が主人公として描かれるようだ。ほかにグレッグ・キニア、ミシェル・ロドリゲス、ルーク・エバンス、リリー=ローズ・デップ、キッド・カディ、ベロニカ・フェレ、マーティン・ドノバンが共演。オールドマンは製作総指揮も務めている。

 なお、第93回アカデミー賞のエントリー条件は2月28日までの公開作品のため、本作も対象作品となる。オールドマンは、デビッド・フィンチャー監督と組んだ主演作「Mank マンク」がオスカーノミネートの有力候補となっている。

【広告】

 ZAFUL


ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。