コロナ禍で外国人減少も「新大久保」に新規出店が止まないワケ(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

新型コロナウイルスは、外国人コミュニティーにも大きな影響を与えています。新大久保ではこの2020年、外国人人口の減少が進んでいるのです。

【地図】新大久保の「イスラム横丁」を見る(4枚)

 このエリアで外国人がとりわけ多い大久保1丁目と2丁目、それに百人町1丁目と2丁目に住む外国人は、2020年1月1日の時点では計「8501人」でした。ところが2020年12月1日の統計では、「7207人」まで減っています。1年間で1000人以上が、この地域から転出していったことになります。

 同エリア・同じ時期の日本人人口は「1万3201人 → 1万3187人」とほぼ横ばいなので、外国人だけが際立って減少したことになります。

 新大久保のある新宿区全体でも、外国人は「4万2598人 → 3万6959人」と大きく減っています(日本人は「30万5854人 → 30万7857人」とむしろ増えています)。

 この「減少分」は、留学生が大半を占めているようです(※数字は新宿区の統計より)。

【広告】

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。