シャンクスの娘・ウタ『FNS歌謡祭』出演決定 歌唱はAdoで主題歌・劇中歌2曲のメドレー(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

人気アニメ『ONE PIECE』(ワンピース)の新作映画『ONE PIECE FILM RED』(8月6日公開)のメインキャラクターである”シャンクスの娘”で話題の歌姫・ウタ(CV:名塚佳織、歌唱:Ado)が、7月13日に3時間半(後6:30~9:54)にわたって生放送されるフジテレビ系音楽特番『2022FNS歌謡祭 夏』に出演することが発表された。

【動画】カッコ良すぎる!シャンクスの娘・ウタが歌う劇中歌のMV

 ウタはシャンクスの娘という素性を隠したまま歌声を発信し、世界で最も愛されている歌姫で、映画ではウタのボイスキャストを声優・名塚佳織、歌唱パートを歌い手・Adoが担当。今回、番組でウタが披露するのは、ウタの大ヒット曲であり代表曲である「新時代」と「私は最強」2曲のスペシャルメドレーとなる。

 主題歌「新時代」は、世界のポップシーンをけん引する中田ヤスタカ、劇中歌「私は最強」は幅広い世代に圧倒的人気を博すロックバンドMrs. GREEN APPLEが手がけ、さらにダンスの振付は振付演出家のMIKIKO率いるELEVENPLAYが担当する。

 そんなウタのパフォーマンスがテレビ初披露となり、スペシャルステージがフジテレビ湾岸スタジオの屋上に出現し、マリンテイストなサポートバンドメンバーの衣裳や『ONE PIECE FILM RED』本編映像などが投影される特別演出も見どころとなる。

 シリーズ15作目、原作者・尾田栄一郎氏が総合プロデューサーを務める『ONE PIECE FILM』シリーズ第4弾となる今回の劇場版は、世界中が熱狂する歌姫・ウタが初めて公の前に姿を現すライブが行われる、とある島が物語の舞台。素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、そんな彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味たち、海賊、海軍、ありとあらゆる世界中のファンが会場を埋め尽くす中、ウタが“シャンクスの娘”という衝撃的な事実の発覚で物語の幕が上がるストーリー。監督はアニメ『コードギアス』シリーズで知られる谷口悟朗氏が23年ぶりに『ONE PIECE』作品を担当する。

【広告】 更年期?

《経典薬方》寧心補腎丸

・活力が減退し、不安が原因で落ち着かないと感じる方に
・心身ともに充実した毎日を送りたい全ての方に

滋養強壮のほか、胃腸機能の改善、疲労回復に

コメントは受け付けていません。