シリーズ最新作『ゴーストリコン フロントライン』が基本プレイ無料で配信決定!100人以上のプレイヤーと対戦できるバトロワFPS(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

ユービーアイソフトは、「ゴーストリコン」シリーズ最新作として、基本プレイ無料の対戦型シューターゲーム『ゴーストリコン フロントライン』の配信を決定した。プラットフォームはPS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X/PCで、クロスプレイに対応する。配信日は未定だが2021年10月14日よりヨーロッパ向けにPCにてクローズドテストが行われる。

「ゴーストリコン フロントライン」画像・動画ギャラリー

『ゴーストリコン フロントライン』は、100人以上のプレイヤーと対戦が可能な一人称視点のミリタリーゲーム。『ゴーストリコン ワイルドランズ』や『ゴーストリコン ブレイクポイント』に携わったUbisoft Bucharestが開発を担当する。 
本作の舞台は、多様なランドマークや生態系が存在するドレイクムーア島。幅広い戦術のサポートツールを用意して、さまざまなゲームモードで自由な戦略でプレイが可能になるという。新たなバトルロワイヤルが体験できるというシリーズでお馴染みの「探索モード」では、3人が1チームを組み目標達成を目指す。参戦するプレイヤー数は100人以上で、マップ上に点在する軍事機密の収集を行ったあとに戦場からの脱出を目指すことが基本的な流れとなるようだ。すべてのチームが脱出地点を知っているため妨害を受けることとなるが、戦術的なプレイで逃げ切って勝利を目指そう。
ちなみにモードは広大なオープンワールドマップでの戦いとなるが、プレイヤーの行動を徐々に狭めて戦いを促す時間経過で迫り来るサークルは発生しない。目標や戦術的なゲームプレイの仕組みでプレイヤー間の戦いを促しており、リアルな戦場を表現している。そして発売時には、そのほかのモードも用意される。

 
進化したクラスシステムも採用されており、戦術に合わせてそれぞれの傭兵のアップグレード、カスタマイズができるようだ。公開されているのは以下のクラスのほか、多彩なクラスが使用可能になるという。

アサルトクラス:近接戦闘で耐久力があり、作成行動全般に適している
サポートクラス:要塞建築アビリティによる優れた守備力を備えている
スカウトクラス:地形把握能力に優れ、遠距離から報復の恐れなく敵を発見し苦しめる

また、『ゴーストリコン ブレイクポイント』にも20周年を記念した無料アップデート「マザーランド作戦」が11月2日に配信することが決定している。詳細については公式サイトをチェックしてほしい。

【広告】

     キレイになれて謝礼金までもらえる、

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。