ジェニファー・ロペスとアーミー・ハマーがアクションコメディで共演(映画.com)

出典元:映画.com

米人気歌手で女優のジェニファー・ロペスと俳優のアーミー・ハマーが、アクションコメディ「ショットガン・ウェディング(原題)」で共演することがわかった。米Deadlineが報じている。

同作は、ロペスとハマーが演じるカップルの結婚式のために、クセのある双方の親族が集結。だが、肝心のカップルが結婚に躊躇するばかりか、どういうわけか犯罪に巻き込まれ、親族が人質にされてしまうというストーリーだ。

 マーク・ハマー(「きみといた2日間」)とエリザベス・メリウェザー(「抱きたいカンケイ」)が執筆したオリジナル脚本を、「ピッチ・パーフェクト」のジェイソン・ムーア監督が映画化。「ワンダー 君は太陽」のデビッド・ホバーマンとトッド・リーバーマンがプロデューサーを務め、ライオンズゲートが製作する。

 ライオンズゲートの製作部長を務めるエリン・ウェスターマンは、同作と主演のふたりについて「ふたりとも信じられないほどユーモアがあり、アクションもこなすことができますが、この映画の特色はふたりの圧倒的な相性の良さです」と魅力をアピールしている。

 ロペスは、出演と製作を兼任した「ハスラーズ」の演技で高評価を獲得。オーウェン・ウィルソンと共演したユニバーサルの新作「Marry Me(原題)」の公開を控えている。

 一方のハマーは、Netflix映画「レベッカ」の配信が開始したばかりで、「ナイル殺人事件」の公開を控えている。

 「ショットガン・ウェディング(原題)」は、来春のクランクイン予定。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。