ジャン=リュック・ゴダール監督、あと2作での引退を示唆(映画.com)

出典元:映画.com

ヌーベルバーグを代表する映画作家として知られるフランスのジャン=リュック・ゴダール監督が、インドのケララ国際映画祭で行われたオンラインインタビューで、引退を示唆した。

ジャン=リュック・ゴダール監督作品一覧

 スイスの自宅から、およそ1時間半にわたり、記者の質問に応じたゴダール監督は、現在2つの脚本を開発中で、1つはヨーロッパで展開されているテレビ局Arteとの共同制作、もう1つは「Funny Wars」という作品だと説明。おもむろに「脚本を見たいかい?」と、立ち上がって、写真やスケッチ、指示文言などで構成されたノートを公開。アコーディオンのように開閉してみせるなど、おどけた動作も見せながら、「私は映画人生、つまり映画人としての人生を2本の脚本で終えようとしている」と述べ、「その後、『さよなら、映画』と言うでしょう」と語った。

 ゴダール監督は現在90歳。ここ数年は、健康上の問題で映画祭に姿を見せていないが、「イメージの本」がコンペティションに選ばれた第71回カンヌ国際映画祭ではFaceTimeを使って会見に参加した。今回のインタビューの模様はyoutubeで公開されており、時折葉巻をふかしながらリラックスした様子で応対するゴダール監督の姿が確認できる。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。