ジュディ・デンチが、“英史上、最も意外なスパイ”に!「ジョーンの秘密」夏公開&予告完成(映画.com)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:“核時代最後のスパイ”の正体は、80代の老女だった…?

[映画.com ニュース]イギリスを代表するオスカー女優ジュディ・デンチが主演し、“イギリス史上、最も意外なスパイ”の実話をもとにした映画「レッド・ジョーン(原題)」が、「ジョーンの秘密」の邦題で、今夏公開されることがわかった。あわせて、予告編とメインビジュアルもお披露目された。

【フォトギャラリー】スパイ容疑で逮捕されてしまう80代の老女を演じたジュディ・デンチ

 2000年、英諜報機関MI5が、ロシアの諜報機関KGBに核開発の機密を漏えいした“核時代最後のスパイ”の正体を暴いたという衝撃のニュースが報道された。さらに驚くべきことに、容疑をかけられたのは、一見平凡な80代の老女だった――。この実話を題材にした英作家ジェニー・ルーニーのベストセラー小説を映画化した本作で、アカデミー賞に7度ノミネートされ、「恋におちたシェイクスピア」で助演女優賞を受賞したデンチが、主人公ジョーン・スタンリーを体現。「キングスマン」シリーズのソフィー・クックソンが若かりし頃のジョーン、「マダムのおかしな晩餐会」のトム・ヒューズがロシア人の恋人レオ、「ニンジャ・アサシン」のベン・マイルズがジョーンの息子で弁護士のニックを演じた。

 メガホンをとったのは、「マクベス」「冬物語」などデンチの名作舞台を何作も演出し、デンチから「トレバーだから出演を決めたわ。脚本を読むはるか前にね」と絶大な信頼を受けるトレバー・ナン。「恋におちたシェイクスピア」のデビッド・パーフィットが、プロデューサーを務めた。

 予告編は、イギリス郊外で穏やかな一人暮らしを送っていたジョーンがスパイ容疑でMI5に突然逮捕されてしまうシーンで幕を開ける。そして時はさかのぼり、「世界の変化に立ち会いたくて」ケンブリッジ大学で物理を学ぶ過去の日々が映し出される。原爆の開発に携わっていたが、広島への原爆投下を知り、何かを決意するジョーン。恋と政治の駆け引きで彼女を翻ろうするレオや、「母さんは祖国を売った」と吐き捨てるニックが切り取られ、過去と現在が交錯しながら、ジョーンが胸に秘めた使命が浮かび上がっていく。

 メインビジュアルでは、ジョーンの現在と若かりし頃の姿が上下に配置され、過去を隠して静かな生活を送ってきた彼女のドラマティックな人生が暗示されている。「ジョーンの秘密」は今夏、東京・TOHOシネマズ シャンテほかで公開。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。