ジュリアン・ムーア×アリシア・ヴィキャンデル『グロリアス』邦題&公開日決定、メイン写真解禁(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

アカデミー賞女優のジュリアン・ムーアとアリシア・ヴィキャンデルがダブル主演する映画『THE GLORIAS』(原題)が、邦題を『グロリアス 世界を動かした女たち』として、5月13日より全国順次公開されることが決定。併せてメイン写真が解禁された。

【写真】「ジュリアン・ムーア」フォトギャラリー

 本作は、女性解放運動のパイオニアとして活躍したグロリア・スタイネムと活動家の仲間たちとの物語。2大アカデミー賞女優が伝説のフェミニストを演じ、『フリーダ』のジュリー・テイモアが監督を務めた。

 若き日のグロリアを演じたのは、『リリーのすべて』でアカデミー賞助演女優賞に輝いたアリシア・ヴィキャンデル。40代以降のバトンを受け継いだのが、『アリスのままで』で同賞の主演女優賞を受賞したジュリアン・ムーア。世代を超えた名女優の2人が、波乱に満ちた彼女の生涯をリレー形式で演じ切った。活動家の盟友役には『アンテベラム』のジャネール・モネイや、『フォー・ザ・ボーイズ』のベット・ミドラー。

 大学生でインドに留学をしたグロリアは、男性から虐げられている女性たちの悲惨な経験を聞き、帰国後はジャーナリストとして働き始める。だが、社会的なテーマを希望しても、女だからとファッションや恋愛のコラムしか任されない。そこでグロリアは高級クラブの「プレイボーイ・クラブ」に自らバニーガールとして潜入。その内幕を記事にして暴き、女性を商品として売り物にする実態を告発する。さらにはテレビの対談番組に出演するなど、徐々に女性解放運動の活動家として知られ始める。40代を迎えた頃は仲間たちと共に女性主体の雑誌「Ms.」を創刊する。これは、未婚女性=Missや既婚女性=Mrs.とは別に、どんな女性にも使える新しい敬称=Ms.として、全米各地の女性に受け入れられていく─。

 メイン写真では、ジュリアン・ムーア演じるグロリア・スタイネムが女性解放運動のリーダーとして、デモ行進を率いる様子が切り取られている。その堂々とした姿勢と自信に満ちあふれた表情からは、どんな差別や扱いにも屈せずに、女性の地位向上のために活動する彼女の信念を感じることができる。

 映画『グロリアス 世界を動かした女たち』は、5月13日より全国順次公開。

【広告】

     キレイになれて謝礼金までもらえる、

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。