セリーヌ・ディオンの半生を映画化した「ヴォイス・オブ・ラブ」 主人公がアリーヌの理由は?(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

世界的な歌姫セリーヌ・ディオンの半生を映画化した「ヴォイス・オブ・ラブ」が本日12月24日から公開された。セリーヌをモデルとした主人公アリーヌを演じたのは、フランスのスター、バレリー・ルメルシエ。監督・脚本も自ら手掛けたルメルシエが、本作について語った。

【動画】「ヴォイス・オブ・ラブ」予告映像

 歌手を夢見た少女時代、デビュー以降順調に歌手としての道を歩み始めたティーン時代、大人になり初恋を実らせ26歳差で電撃結婚、子育てや仕事に邁進する歌姫としての姿や、夫を失い孤独に苦しむ1人の女性としての姿など、劇中のあらゆる年代のアリーヌをルメルシエがたった1人で演じ上げた。

 もともとは、ディオンの人生について深く知らなかったというルメルシエ。「2016年12月に彼女の夫ルネがこの世を旅立って初めてのワールドツアーで、何万人もの観客と一緒にコンサートを見た時、自分と重なる部分を覚え、彼女の孤独とそれに打ち勝つ勇気に感銘を受けました。セリーヌの才能以上に、彼女の率直さに魅力を感じました。彼女は誰にとっても理解できる存在で、常に観客を家族と思って行動しているのです。パリのコンサート会場へ向かいながら優しいファンを見て、彼女の周りには熱意があふれていると感じました。それがとても心地よかったのです」とディオンに惹かれた理由を語る。

 「もちろん彼女ほどではないですが、私も人生の多くの時間を劇場の舞台や楽屋で過ごしている」とディオンを身近に感じたそうで、「長いツアーや、鏡の前で急いで食べなければならない食事、劇場を満席にしなければいけない義務感、常にケアし続けなければいけない身体と声を知っています。ショーでの観客の熱気、ショーの後の孤独感も知っています。うまくいかない時にポジティブに物事を捻じ曲げるところこそ、私がセリーヌと重なり合わせた部分なのです」と共感を寄せる。

 映画化に向けて動き出してからは「昼夜問わず何ヶ月もの間、セリーヌ・ディオンの映像を見て、音楽を聴き、彼女にまつわる本、雑誌、新聞を読破しました。また、彼女の母、夫、家族についての書物も読み、自分の新しい友達のように感じるまでとなりました。この家族の強さこそ伝えたかったもので、この土台があったからセリーヌは常に地に足をつけることができたのです」と分析する。

 脚本の初期段階では主人公にセリーヌという名前を使用していたが、最終的には「アリーヌ」に変更することになった。「(脚本を)60ページほど書いた後、ブリジッド・ビュクがプロジェクトに参加し、名前を変えるように説得されました。このアイデアで全てが好転しました。アリーヌのおかげで、現実そのままでなくても良くなり、アイスクリームに婚約指輪が入っていたり、オーディションの時にお母さんに貸してもらった靴の話などの細かい部分を創作することが可能になりました。直感頼りにプロジェクトを進めましたが、パソコンの近くにあるレコードジャケットのセリーヌに向かって、これで良いのかどうか問いかけていました」と明かす。

 事実とフィクションのバランスについては「現実に起きた出来事をより“映画的”に表現した」と説明し、「例えば、セリーヌがルネに自身の妊娠を食事中に知らせたことは本当です。しかし、アリーヌの場合は食べていたピューレに指で『ベイビー』と書いて知らせる方がかわいらしいと思いました。でも、彼女がラスベガスで彷徨う場面は完全なフィクションです。毎回、『どうすれば一番忠実にセリーヌを描けるだろうか?』と自問自答していました」と苦労をにじませる。

 ディオン本人には「自分が裏切られた、とは思って欲しくはありません。映画だからと言って大げさにすることは問題外です」と常にリスペクトの心を持ち、本作を機にさらに「セリーヌのユーモアと力強さは私たちの心に刻まれるでしょう」と話していた。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉活髪精華


・白髪や抜け毛が増えてきたと感じる方に
・黒々とした健康的な毛髪を維持したい方に

健康的な毛根や毛髪を維持するためのセラムです。

コメントは受け付けていません。