タモリMC『タモリステーション』でベーブ・ルースの“投手”としての映像 大谷翔平との共通点も明らかに(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

タモリがMCを務めるテレビ朝日系大型スポーツ特番『タモリステーション~二刀流 大谷翔平の軌跡~』が、28日に放送(後8:00)。番組ではさまざまなキーワードをもとに大谷翔平選手を徹底解剖するが、テレビ朝日アメリカの総力取材で、“元祖二刀流”ベーブ・ルースと、その100年後に登場した“現代の二刀流”大谷翔平との意外な関係が明らかに。昨シーズンのホームラン量産に隠された秘密も解き明かす。

【写真】”2021年の顔”として変わり羽子板にもなった大谷翔平選手

 昨年11月、大谷選手が日本記者クラブでの帰国会見で「いつまでも覚えていただける選手はなかなかいない。残した数字だけではない、選手として目指すべき人物」とリスペクトを込めて語ったのが、メジャーリーグのレジェンドであるベーブ・ルース。通算714本のホームランを放った伝説のバッターで、投げては通算94勝を上げ、二刀流の元祖といわれている。

 残されている映像はそのほとんどがバッターとしてのものだが、番組では投打で活躍するベーブ・ルースの超貴重映像を独自入手。1933年のヤンキースタジアムでのヤンキースVSレッドソックス戦。“約100年前のリアル二刀流”が今、よみがえる。また、リポーターの久保純子がベーブ・ルース生誕の地、メリーランド州ボルティモアを訪れて関係者に取材するほか、ベーブ・ルースの孫にも単独インタビューを敢行。二刀流の代名詞的存在であるベーブ・ルースの孫は、大谷選手の活躍をどのような気持ちで見つめているのか。

 さらには、100年の時空を超え、ベーブ・ルースと大谷選手には意外な共通点が存在したことが発覚。“100年にひとりの逸材”と“100年に一度の時代背景”が色濃く重なり合う奇妙なめぐり合わせに、タモリも「これは私も知らなかったですね!」とビックリするが、果たしてベーブ・ルースと大谷選手を結ぶ、100年の時空を超えた共通点とは。

 また、番組では、2021年、大谷選手が日本人歴代最高となる46本の本塁打という記録を打ち立てた事実にも着目。いったいなぜ、ここまでホームランを量産することができたのか。読み解くカギとなるのは、“平均打球速度”と“フライ率”という2つのデータ。加えて、専門家の視点で2020年以前と2021年のバッティング動作解析を行っていく。すると、打撃フォームに“ある進化”が秘められていることが明らかに。

 スタジオでも、王氏と栗山氏が、大谷のバッティングフォームを詳細解説。2人が考える、大谷選手の大躍進最大の理由とは。

【広告】

SUNMEDICAL

    バストアップ専門約20年、信頼の医薬部外品!

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。