ダフト・パンクよ永遠に 時代を動かした衝撃ライブを振り返る(Rolling Stone Japan)

出典元:Rolling Stone Japan

解散することを発表したダフト・パンク。日本でも2006年のサマーソニックや単独公演で披露された、Aliveツアーでの衝撃的ステージを振り返る。

【動画を見る】あまりにも斬新、ダフト・パンクの貴重ライブ映像

30年近く一緒にいたダフト・パンクが、ツアーに費やした時間はほんの一部に過ぎないだろう。しかし、解散を発表したエレクトロニック・デュオは、今世紀の最も重要で、影響力があり、そして重要なことに、エンターテインメイント性に溢れたライブ・アクトの一つとして今でも記憶に残っている。

90年代初期のダフト・パンクはもう少し積極的にライブ活動を行っていたが、グループが公式ツアーを行ったのはデビュー作『Homework』を発表した1997年の「Daftendirektour」と、2006~2007年に開催された「Alive」の2回だけだ。

後者は画期的なピラミッド型のステージで認知されている。ロボットの衣装を纏ったダフト・パンクは、スクリーンとLEDライトで覆われた全長24フィートのアルミ製ピラミッドの中に陣取り、多幸感に満ちたヒット曲の数々を披露。彼らは2006年のコーチェラ・フェスでこの伝説的セットをデビューさせると、世界中のフェスやアリーナで披露していった。このショーは、数年後に主要フェスの定番となるEDMの祭典だけでなく、ジャンルの壁を超えて巨大ライブ・スペクタクルの先駆けとなった。

コーチェラで披露された当時のファンショット映像もインターネット上に出回っているが、2007年8月3日にシカゴで開催されたロラパルーザでのフルセット映像で、Aliveツアーの高品質なバージョンを視聴できる。(※2015年の映画『ダフト・パンク ドキュメンタリー UNCHAINED』に、より洗練されたコーチェラでのステージ映像が収録されている。また、このツアーからはライブアルバム『Alive 2007』も制作された)

「僕らはパイオニアになろうとしてきたけど、そこで問題なのは、あまりにも先を行き過ぎていると、過去との繋がりが生まれないんだ」とトーマ・バンガルテルは2013年、Pitchforkに語っている。「僕らはあのときのコーチェラで5年先を行っていたかもしれないけど、その時には繋がりが得られていた。今までのどの瞬間よりも(時代との)共振を感じられた」

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

target=”_blank” rel=”nofollow noopener noreferrer”> ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。