ティモシー・シャラメが、前日譚映画『Wonka』で演じる若きウィリー・ウォンカの姿を初公開!(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

ティモシー・シャラメが、『チャーリーとチョコレート工場』の前日譚となる次作『Wonka(原題)』で演じる、若きウィリー・ウォンカ姿をSNSで初公開した。
シャラメは、2023年3月17日に全米公開予定の映画の撮影セットにて、カメラの後ろでキャラクターを演じる自身の画像をTwitterに投稿している。

このファーストルック画像は、ワーナー・ブラザースが映画のキャストを明らかにし、プロジェクトの撮影開始を発表した直後に到着した。シャラメの他にキャストに名を連ねるのは、ローワン・アトキンソン、キーガン=マイケル・キー、ジム・カーター、マシュー・ベイントン、オリヴィア・コールマン、トム・デイヴィス、サイモン・ファーナビー、リッチ・フルチャー、サリー・ホーキンス、コブナ・ホルドブルック=スミス、パターソン・ジョセフ、キャラー・レーン、マット・ルーカス、コリン・オブライエン、ナターシャ・ロスウェル、ラキー・ザクラル、エリー・ホワイト。
「パディントン」シリーズでメガホンを取ったポール・キングが監督を務め、デイヴィスとファーナビー、ホーキンス、ルーカス、ホルドブルック=スミスは、少なくとも同シリーズの1作に出演している。
『Wonka』は、1964年に出版されたロアルド・ダールの児童書「チョコレート工場の秘密」の前日譚となり、シャラメはジーン・ワイルダーとジョニー・デップに続き、伝説的なキャラクターを演じる3番目の俳優となる。

シャラメは、『Wonka』と同様に小説の映画化となる『DUNE/デューン 砂の惑星』でポール・アトレイデス役を演じており、IGN USのレビューで『DUNE』は、「ゴージャスだが不完全な叙事詩で、なかなか始まらない第3幕の設定に時間を費やしすぎているが、テクノロジーが驚異的だ」と評されている。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。