テレビのリアルタイム視聴 4人に1人が利用経験あり リアルタイム視聴からテレビ視聴の流れも(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所は、「リアルタイム配信視聴意識調査2022」を実施。4月11日から民放キー局も開始した地上波放送と同時にスマホ・PC・タブレットでテレビ番組を視聴することができる「リアルタイム配信」について、全国15歳から69歳を対象に視聴実態と意識を調査した結果を発表した。

【写真】『テレビ千鳥』が「TVer」登録200万人突破 笑顔を見せる千鳥

 「リアルタイム配信」の認知と利用状況を調査した結果、全体で認知率は70.8%、利用経験は25.1%で4人に1人が実際に利用したことがあることが明らかとなった。年代別では、特に10~20代で高く、認知率75.0%、利用経験率36.5%にのぼった。

 リアルタイムのテレビ番組を、テレビ受像機ではなく、スマホ・PC・タブレットで見る理由は、「好きな場所で見たいから」が最も多く73.1%、次いで「一人で見たいから」(65.9%)、「じっくり集中して見たいから」(60.3%)という結果に。テレビ番組を見るためのセカンドスクリーンとして活用されているという。

 テレビのリアルタイム配信利用者のうち57.6%が「好きなテレビ番組や好きな人が出ているテレビ番組について、リアルタイム配信の番組リンクをシェアすることがある」と回答。10~20代ではさらに多く、73.9%がリアルタイム配信の番組リンクをシェア。また、「SNSでシェアされた番組リンクをきっかけに、スマホ・PC・タブレットでテレビ番組のリアルタイム配信をみることがある」人も52.7%。10~20代(60.4%)だけでなく、30~40代でも57.3%と高い結果が出た。

 また、リアルタイム配信利用者のうち「テレビでもリアルタイムでテレビ番組を増えた」という人が全体で51.9%に。顕著だった10~20代ではさらに増加し、63.9%がテレビでのリアルタイム視聴が増えたと回答した。

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。