ディオールの衣装デザイナーが監修! 「オートクチュール」予告編&場面写真披露 幻のドレス、貴重なスケッチ画も登場(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

世界最高峰のメゾン、ディオールのアトリエを舞台に、境遇も年齢も異なるふたりの女性の人生が交差するさまを描いた「オートクチュール」の予告編と場面写真が披露された。予告編では、ストーリーとともに幻のドレスや貴重なスケッチ画、現役のお針子の手仕事の美しさも垣間見ることができる。

【動画】「オートクチュール」予告編

 引退を目前に控えた孤高のお針子エステルと、郊外に暮らす移民2世の少女ジャド。本作は、出会うはずのなかったふたりが厳しいオートクチュールの世界で、時に反発し合いながら、母娘、親友のように、本当に大切なものを手に入れるまでを描く。

 アトリエ責任者であるエステルは、次のコレクションを最後に退職が決まっている。準備に追われていたある朝、地下鉄で若い女性にハンドバッグをひったくられてしまう。犯人は郊外にすむジャド。警察に突き出してもよかった。しかし、滑らかに動く指にドレスを縫い上げる才能を直感したエステルは、ジャドを見習いとしてアトリエに迎え入れる。

 エステル役を演じたのは、フランスを代表する名女優ナタリー・バイ。ジャド役は「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」などの話題作に出演するリナ・クードリが扮した。監督・脚本を手掛けたのは、新鋭シルビー・オハヨン。衣装監修は、映画の衣装デザイナーのキャリアを持ち、現在はオートクチュールのアトリエで働くジュスティーヌ・ヴィヴィアンが務めた。

 予告編は、ハイファッションブランドが軒を並べるパリ・モンテーニュ通りを、ジャドが歩くシーンから始まる。ディオールのロゴが掲げられた階段の先には、お針子たちが繊細な生地と向き合うアトリエが。ピンと張りつめた空気をまとうエステルの姿が映し出される。そんなある日、エステルがジャドのハンドバックを盗んだことで、出会うはずのなかったふたりの人生が交差していく。初代“バー”ジャケット、重ねづけされたプリーツが軽やかに揺れる“フランシス・プーランク”ドレス、ムッシュー・ディオール直筆のスケッチ画など、貴重なアーカイブ作品にも注目だ。

 「オートクチュール」は、3月25日から新宿ピカデリー、HTC有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国公開。

コメントは受け付けていません。