トップリーグチケット争奪戦はより激化!(チケットぴあ)

出典元:チケットぴあ

18年目にして最後の『ジャパンラグビー トップリーグ 2021』、当初の開幕予定だった1月16日から遅れること5週間、待ちに待った開幕が2月20日(土)に迫った。

新たな大会フォーマットでは2月20日(土)~4月11日(日)にレッドカンファレンス、ホワイトカンファレンスに分かれての総当たりリーグ戦を実施し、『ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ 2021』上位4チームをまじえた全20チームによるプレーオフトーナメントを4月17日(土)~5月23日(日)に開催する。2月20日(土)・21日(日)の開幕戦は、ファーストステージ第5節のカードがそのままスライドする形となったのだ。

『トップリーグ2021』開幕戦のカードは以下の通り。
2月20日(土) R NTTコミュニケーションズシャイニングアークス×Honda HEAT 江東区夢の島競技場
2月20日(土) W パナソニック ワイルドナイツ×リコーブラックラムズ 秩父宮ラグビー場
2月20日(土) R クボタスピアーズ×宗像サニックスブルース 中台運動公園陸上競技場
2月20日(土) Rトヨタ自動車ヴェルブリッツ×東芝ブレイブルーパス パロマ瑞穂ラグビー場
2月20日(土) W 神戸製鋼コベルコスティーラーズ×NECグリーンロケッツ 東大阪市花園ラグビー場
2月21日(日) Wキヤノンイーグルス×NTTドコモレッドハリケーンズ 町田GIONスタジアム(町田市立陸上競技場)
2月21日(日) R 三菱重工相模原ダイナボアーズ×サントリーサンゴリアス 相模原ギオンスタジアム
2月21日(日) W 日野レッドドルフィンズ×ヤマハ発動機ジュビロ 東大阪市花園ラグビー場
※R=レッドカンファレンス、W=ホワイトカンファレンス。

ニュージーランド代表の10番ボーデン・バレット(サントリー)やオーストラリア代表主将マイケル・フーパー(トヨタ自動車)、南アフリカ代表のトライゲッターであるマカゾレ・マピンピ(NTTドコモ)、元スコットランド代表司令塔のグレイグ・レイドロー(NTTコム)ら大物たちの日本デビューに五郎丸歩(ヤマハ発動機)のラストシーズンなど、開幕戦の見どころを挙げれば枚挙にいとまがない。

世界各国のスター選手が大挙して来日し、『トップリーグ』はかつてない注目度の高さを誇りながら、政府や地方自治体の方針に沿った入場者制限が敷かれる。特定警戒都道府県は5000人もしくは収容人数の50%のどちらか少ない方、その他の都道府県については収容人数の50%以下を販売数とする。そう、チケット争奪戦は一層激化するのだ。

第1節のチケットは2月8日(月)午後11時59分まで先行抽選プレリザーブ受付中、2月13日(土)午前10時より一般発売。

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。