トム・クルーズ『トップガン』最新作、3日で11億円超え“ベスト・オブ・ザ・ベスト”な大ヒットスタート(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

5月27日より劇場公開されたトム・クルーズ主演、映画『トップガン マーヴェリック』が、動員・興収・高評価すべてそろった“ベスト・オブ・ザ・ベスト”な大ヒットスタートを飾った。

【動画】超過酷な飛行訓練に新トップガンキャストが参加

 週末2日間(28日~29日)で動員52万4843人、興行収入8億2471万1300円を記録、初日からの3日間(27日~29日)で動員74万7192人、興収11億5756万4620円と、日本の洋画シーンに新たな1ページを刻む数字を叩き出し、週末興行ランキングでは、他作品を大きく引き離す超高度飛行で初登場No.1発進を飾った。

 この数字は、トム・クルーズ主演の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018年8月3日公開)の初日3日間興収8億6830万1500円を大きく上回る大ヒットスタートで、2022年公開の近作でも、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』(10億5573万3460円)、『シン・ウルトラマン』(9億9341万50円)などを凌駕。

 スカイ・アクションをはじめとしたリアルにこだわった映像の臨場感と迫力を体感できるラージフォーマット(IMAX、4D、Screen Xなど)が高稼働を見せているほか、地方・ローカルの興行収入比率が67.8%と非常に高い数値を記録し、都心比率が高くなることの多い洋画大作の傾向を打ち破り、日本全国に広がる社会現象級ヒットの様相を呈している。

 同時公開となったアメリカも、ホリデーにあたる週末のため暫定値ながら、4735館で公開され、約1億2400万ドル(約157億円)を記録しており、これはアメリカでのトム・クルーズの出演作の歴代No.1オープニングという映画史に残る華々しいジェットスタート(これまでの最高記録は、2005年『宇宙戦争』の6487万ドル)。祝日を合わせた4日間では、暫定1億5100万ドルにのぼるとみられている。

 世界各国でもイギリス、フランス、ブラジルなど32の地域でトム・クルーズ史上No.1オープニングを打ち立て、フランス、オーストラリアなど18の地域ではパラマウント・ピクチャーズの実写映画史上No.1オープニングとなる等、記録ずくめ。

 米大手レビューサイトのロッテントマトでは、批評家レビューが96%フレッシュ&一般観衆のオーディエンススコア99%というかつてないほどの高評価を記録。日本でもYahoo!映画で★4.7、Filmarksで★4.6(いずれも22年5月30日正午時点)と絶賛コメントが殺到。「ストイックにアクション映画界の最前線をマッハ10で駆け続けてきたトム・クルーズだからこそ圧倒的説得力を持つ奇跡のような傑作。」、「ありがとうトム。ありがとう全てのスタッフ。」「お手本のような大傑作。極上の映画体験をありがとう!感謝!」、「最高に胸熱だった!まだ、心臓がバクバクしてる。」、「ボロッボロに泣いた……劇場で観ることができて本当によかった……」など文字通り”胸を熱く”して感極まる声が数多く寄せられている。

 また、劇場のすさまじい熱気と興奮を物語るように「トップガン上映後、お客みんな自然と拍手したよ。(勿論私も)」「エンドロール後には大きな拍手が会場を埋め尽くしました 最高の時間だったなぁ~」と全国各地のスクリーンで上映後に自然と拍手が巻き起こっている報告も(ちなみに、5月10日のIMAX完成披露試写会でも上映後拍手が起きていた)。

 度重なる公開延期もありながら、36年の年月の先についに飛び立った、マーヴェリックと若き新世代トップガンたちのフライトは始まったばかりだ。

コメントは受け付けていません。