トム・ホランドはなぜスパイダーマンに抜てきされた? マーベル社長が認める“素質”(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

全米で大ヒット公開中のトム・ホランド主演「スパイダーマン」シリーズ最新作「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」。2022年1月7日からの日本公開を前に、ホランドのスパイダーマンとしての資質について、マーベル・スタジオ社長であり本作の制作プロデューサーでもあるケビン・ファイギのインタビューから紐解いていく。

【画像】トム・ホランド&胸元ざっくりドレス姿のゼンデイヤ

 スパイダーマンと言えば、マーベルコミックス作品の中でもキャプテン・アメリカ、ソー、アイアンマンなど筋骨隆々で完全無欠のヒーローとは違い、ごく普通の高校生が様々な葛藤や悲しみを乗り越えながら、ヒーローとして成長していく姿が読者の心を掴んだ。過去2シリーズの映画では、アカデミー賞受賞作「サイダーハウス・ルール」で主役を演じたトビー・マグワイア、「ソーシャル・ネットワーク」のアンドリュー・ガーフィールドの2人が悩めるヒーローの青春と葛藤を演じてきた。

 ホランドは、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に途中から参戦する、注目と期待の集まるスパイダーマン役に、当時ほぼ無名ながらキャスティングされた。MCUを立ちあげたプロデューサーでもあるファイギは「制作プロデューサーのエイミー・パスカルに会って、スパイダーマンの映画を一緒に作り、MCUに登場させようと最初に打診したとき、そして彼女とソニーの了解を得て、(ソニー・ピクチャーズのCEO)トム・ロスマンが参加し信じてくれたとき、大きなプレッシャーだった。人々にイエスと言ってもらうことと、自分が話していたことを実現するというのは別のことだ。そのための最初のステップがキャスティングで、一緒に成長していける、他のマーベルヒーローと対等に演じることができる最年少のピーター・パーカーを見つけよう、というものだった」と明かす。

 そのキャスティングは、新たなスパイダーマンの登場となった「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」の撮影中にも行われていた。

 「トニー・スタークが重要な役割を果たすことがわかっていた。当時『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』はすでに撮影中だったが、ピーター・パーカーをキャスティングしてこの作品の最初の撮影に参加させることができるかどうかわからなかった。しかし、我々はそのために全力を尽くしたかった。そこで、5人の俳優を現地に送り、ロバート・ダウニー・Jr.と一緒に台本の読み合わせをしてもらったんだ。特に他の俳優と自分の時間に対して、彼はいつも寛大だったよ。そして、その読み合わせで候補を絞っていった。クリス・エバンスとも行った。そしてトム・ホランドは素晴らしいピーター・パーカーであるだけでなく、信じられないほど素晴らしいスパイダーマンであることが明らかになったんだ。彼は俳優としての素晴らしい才能と、優秀な体操選手とスタントパフォーマーとしての能力の両方を持っていたからだ。それは嬉しいボーナスであり、我々を驚かせ続けている」

 さらに、ファイギは撮影当時を振り返り「彼(ホランド)はエバンスの目の前で大宙返りをして、とても驚かせたことを覚えているよ。先ほども言ったように、若きトム・ホランドとロバート・ダウニー・Jr.が初めて交流したときに起こる強力な化学反応は、まさに若きピーター・パーカーとトニー・スタークが初めて交流するときのものだった」と語っている。

 「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」は、2022年1月7日から公開。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

target=”_blank” rel=”nofollow noopener noreferrer”> ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。