ニコラス・ケイジが告白「クリストファー・ノーラン監督と仕事したい」(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

本人役として出演した最新作「The Unbearable Weight of Massive Talent(原題)」が好評のニコラス・ケイジが、クリストファー・ノーラン監督作への出演を熱望していることを明らかにした。

 ケイジは「The Unbearable Weight of Massive Talent(原題)」のプロモーションのため、米掲示板型サイト「レディット」のAMA(Ask Me Anything)に登場。過去にバラク・オバマ大統領やビル・ゲイツ、マドンナらが登場した人気企画で、一般ユーザーから寄せられたさまざまな質問に答えている。

――まだ演じたことがない理想のキャラクターは?

 ジュール・ベルヌのネモ船長。あのキャラクターが持つ海への深い愛は、私も共感できるから。

――何度観ても飽きない映画は?

 「地獄の黙示録」と「千と千尋の神隠し」

――「フェイス/オフ2」があったらやる?

 イエス

――後世に残せる映画が3本しかないとしたら?

 「救命士」「Pig」「リービング・ラスベガス」

――「Pig」に出演したのはなぜ?

 オペラ的な演技を一連の映画でやったので、もっと静かで自然な演技スタイルに戻りたいと思っていた。あの映画は私にはフォークソングや詩のよう感じられた。そして、ロブというキャラクターはとてつもない悲しみと、自らに課した孤独と戦っていた。2020年から21年にかけてパンデミックを経験した私たちも、おそらく同じように喪失感と孤独を感じており、だからこそ多くの人の共感を呼んだのだと思う。大好きな映画のひとつで、おそらく私の最高の仕事だと思う。

――一緒に仕事をしたい映画監督は?

 クリストファー・ノーラン監督と仕事をしたい。アリ・アスター監督(「ミッドサマー」)と仕事をしたいし、ロバート・エガース監督(「ライトハウス」)とも仕事がしたい。スパイク・リー監督も!

 これまでにデビッド・リンチ監督(「ワイルド・アット・ハート」)からコーエン兄弟(「赤ちゃん泥棒」)、マーティン・スコセッシ監督(「救命士」)、スパイク・ジョーンズ監督(「アダプテーション」)、ジョン・ウー監督(「フェイス/オフ」)と数々のクリエイターと仕事をしてきたケイジだが、映画作りへの情熱はまだ衰えていないようだ。

【広告】

                              SUGAR BISKET

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。