ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ21世紀最高の俳優25人(映画.com)

出典元:映画.com

米ニューヨーク・タイムズ紙が、映画評論家らが選出した21世紀(過去20年)最高の俳優25人を発表した。ダニエル・デイ=ルイスやホアキン・フェニックス、ジュリアン・ムーアといったオスカー俳優や、ソン・ガンホやチャオ・タオ、イザベル・ユペールら非英語圏の俳優らが幅広く選出された。

 同紙は、現代を「演技の黄金時代」と呼び、このリストは必然的に主観的なものになると前置きしている。新人もベテランも入り混じる結果となったが、選出する際には「今世紀に焦点を当て、ハリウッドの枠を超える」ことを意識したとのこと。選出された25人には、オスカー受賞者はもちろんのこと、キャラクター俳優やカメレオン俳優、アクションヒーローやアート系作品の寵児も含まれており、「これは、私たちがいまでも、そしてこれまで以上に映画を愛する25の理由なのかもしれません」としている。

 デンゼル・ワシントンの選出については、「躊躇も議論もない」満場一致の選択だったという。出演した「アンストッパブル(2010)」「サブウェイ123 激突」を「どちらも傑作ではないが、彼の演技は見ていられる」と評し、「彼はスクリーンの巨人でありながら、繊細な職人でもある。彼はシェイクスピアやオーガスト・ウィルソンによる戯曲も演じられるうえに、悪役もアクションヒーローもこなすことができる」とワシントンの幅広い演技を絶賛した。

 また、ソンの俳優としての素晴らしさについては、「パラサイト 半地下の家族」など4作品でコラボレートしてきたポン・ジュノ監督が解説している。ポン監督は、ソンを「彼には常に新たなレイヤーがあるように感じます。広がり続けるキャンバスのよう。どれだけ筆を走らせても、描くスペースが常に広がっています」「彼はあらゆる瞬間に生命と生々しさをもたらすことができる。難しいセリフや高度で技術的なカメラワークを伴うシーンでも、シームレスで自然に表現する方法を見つけるでしょう」と称賛している。

▽全リストは下記の通り

1. デンゼル・ワシントン
2. イザベル・ユペール
3. ダニエル・デイ=ルイス
4. キアヌ・リーブス
5. ニコール・キッドマン
6. ソン・ガンホ
7. トニ・セルビッロ
8. チャオ・タオ
9. ビオラ・デイビス
10. シアーシャ・ローナン
11. ジュリアン・ムーア
12. ホアキン・フェニックス
13. ティルダ・スウィントン
14. オスカー・アイザック
15. マイケル・B・ジョーダン
16. キム・ミニ
17. アルフレ・ウッダード
18. ウィレム・デフォー
19. ウェス・ステューディ
20. ロブ・モーガン
21. カトリーヌ・ドヌーブ
22. メリッサ・マッカーシー
23. マハーシャラ・アリ
24. ソニア・ブラガ
25. ガエル・ガルシア・ベルナル

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。