パンデミック新時代、コウモリ・蚊・ダニの恐るべき伝播力(Rolling Stone Japan)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:Rolling Stone Japan

地球温暖化が致命的な病気の伝染を促している。その拡散リスクを高める主な存在が、コウモリ・蚊・ダニである。長文ルポで、その恐怖の実態に迫る。

【写真ギャラリー】人類史上最も危険な生き物の一つ、ネッタイシマカ他

2020年の夏、ジェニファー・ジョーンズは多くの人がそうであったように、感染症を避けるために夏のほとんどを自宅で過ごしていた。45歳のジョーンズは、米フロリダキーズ諸島のキーラーゴ島のすぐ南側に位置するタバーンアーの住人で、庭の手入れをしながら多くの時間を費やしている。ある時、1匹の蚊が彼女にとまった。フロリダで蚊に刺されることは珍しくないため、彼女自身も具体的にいつ刺されたのか覚えていない。しかし今回は、どこにでもいる普通の蚊ではなかった。彼女を刺したのは、精巧にデザインされた殺人マシーンであるネッタイシマカ(Aedes aegypti)で、人類史上最も危険な生き物の1種類とされる。ある計算によると、人類の半数は蚊の媒介する病原体が原因で死亡しているという。17世紀に奴隷船と共に北米大陸へやってきたネッタイシマカは、黄熱病からジカ熱まで、致命的な病気を運ぶ能力を持つ兵器だと言える。

ジョーンズを刺した蚊は、10m先からでも彼女の体温と息に混じった二酸化炭素を感知できただろう。そして、剥き出しになった腕や脚にとまったと思われる。血を吸うのは、卵を産まねばならないメスのみだ。蚊は迅速に事を済ますが、一箇所でぐずぐずしていると生き残れないという本能が、遺伝子内に刷り込まれているのだ。蚊は人にとまるとまず、毒を吐き出して肌の感覚を麻痺させる。だからジョーンズも、気づかないうちに刺されただろう。蚊は、注射針のような口先を肌に突き刺す。蚊の口は、6本の針がひとつの鞘に収まっているような形状をしている。肌の表面にとまった後は、血管に突き刺すのに理想的な場所を探る。そして肉切りナイフのようにギザギザした針を2本突き刺して、ジョーンズの肌に穴を開けた。さらに別の2本の針で穴をこじ開け、細い注射器を皮下の血管に刺す。ここからが重要なポイントで、血を吸った蚊は自分の唾液をジョーンズの血管内に吐き出すのだ。唾液には、刺された箇所の血液を固まりにくくする成分が含まれている。ジョーンズの場合、蚊の唾液にデング熱という熱帯病のウイルスが混入していた。蚊は、血をたっぷりと吸って食欲を満たすと飛び去って行く。

「デング」という言葉は、スワヒリ語で「悪霊によって引き起こされる痙攣のような発作」を意味する「Ka-dinga pepo」から来ているとする説もある。デング熱は骨折熱とも呼ばれ、発症すると酷い関節痛を伴う。デング熱は数百年前から存在が確認されており、特にアジアやカリブ海地域に多い。世界保健機関(WHO)によると、1970年以前にデング熱の流行が見られたのは、わずか9か国のみだった。しかしその後30倍に膨れ上がり、各地域に生息する蚊の個体群がそれぞれウイルスを媒介するようになったことで、128か国の風土病の原因となっている。WHOの記録によると、2019年は420万件のデング熱の感染例が報告されたという。地球温暖化が進むにつれ、高温を好むネッタイシマカにとってより暮らしやすい環境になった。蚊の生息地も今では、北方や高地にまで拡大している。ある研究によると、2080年までに、60億人或いは世界人口の60%がデング熱にかかる危険に晒されるという。「実際に、気候変動によって多くの人々が病気にかかったり死亡したりしている」と、ジョージタウン大学のグローバル・ヘルス&セキュリティ・センターのコリン・カールソン(生物学)は言う。「蚊が媒介する病気は、ますます増え続けている。」

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

 ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。