フラッシュ演じるエズラ・ミラーの法的トラブルを受け、ワーナーは複数の策を検討中のようだ(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

これまでに数々の問題を起こしてきた『The Flash(原題)』主演のエズラ・ミラーだが、さらなる法的トラブルが発生していることを受けて、ワーナー・ブラザースは複数の策を検討していると伝えられた。最悪の場合、『The Flash』が公開中止となることもありえるという。

「The Flash(原題)」画像・動画ギャラリー

The Hollywood Reporterが報じたところによると、ワーナー・ブラザースは3つの異なる策を検討しているようだ。1つ目の策には、『The Flash』の公開と限られた数の報道関係者にのみを対象とした会見が含まれる。この場合、ワーナーの条件は、戻ってきたミラーが専門家の手を借りることだけだと思われる。最終的に、ミラーは自身の行動を説明するインタビューを受けることとなるだろう。その後、『The Flash』の公開、限られた数の報道陣を対象とした会見が行われる。

2つ目は、ミラーが専門家の手を借りることを拒んだとしても、『The Flash』は公開するというもの。この場合、ミラーは『The Flash』のマーケティングやプレスには関与しない。これは映画スターとしては異例の動きだが、状況を考えれば、納得もできる。『The Flash』の公開後、今後の「フラッシュ」関連のプロジェクトにはミラーは出演しないことになるだろう。
3つ目の策は、『The Flash』の完全な公開中止だ。ミラーは複数のキャラクターを演じており、ほぼすべてのシーンに出演しているため、代役を立てて撮り直しをすることは現実的に考えて不可能だ。これは最悪のケースだといえるが、ミラーの状況がさらに悪化するようであれば、やむを得ないだろう。『The Flash』の製作費は2億ドルであることを考えても、これはかなりの痛手となるのは間違いない。
『Batgirl(原題)』は予想外の公開中止となったが、今週の始めには、『The Flash』と『Blue Beetle(原題)』は大丈夫だろうと考えられていた。しかし、ミラーの法的トラブルが起こり、ワーナーは最善と最悪の案を準備しておかなければならなくなった。

ミラーが強盗罪で起訴されたのは数日前のことだが、その後も、彼の所有する農場に滞在していると報じられていた親子(母親と3人の娘)の居場所をバーモント州の児童保護サービスが特定しようしていることをRolling Stoneが詳細に伝えている。ハワイ州、マサチューセッツ州、ノースダコタ州で問題を起こしたミラーは、今年6月にInstagramのアカウントを削除し、行方がわからなくなっていたが、現在は居場所が判明しており、9月に出廷する予定となっている。
現在のところは、『The Flash』は北米では2023年6月23日公開予定となっている。

【広告】 更年期?

《経典薬方》天王補心丹

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。